シンハー (SINGHA)タイを代表するビールは飲む場所と値段に注意!?

シンハー (SHINGHA)は、タイのビールとして日本でも有名でしょう。年間の平均気温が30度に近い国なので、どうしてもビールが飲みたくなります。

しかし、基本的に物価の安いタイでも飲む場所によって価格の差が激しいことを知っていますか!? ということで、今回はタイのビール事情について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

M-150(エムロイハーシップ)タイで激安10バーツの栄養ドリンクが大流行!! この記事を読んでみる

シンハー (SINGHA)タイを代表するビール!! 飲む場所によって価格が違いすぎる!?

ビールの価格差が超激しい!!

 シンハー

熱帯の国タイでは、一年を通してビールが本当においしいです。特にビーチリゾートなどでは朝からビールを飲んでいる旅行者の姿も見かけます。

私もビーチやプールサイドでビールを飲みますが、まさに楽園と言って良いでしょう。しかし、タイではどこで飲むかによって、大きく価格が異なります。

特に物価の安いイメージがあるからでしょうか!? 本来スーパーなどでは40バーツで購入できるビールが驚きの高額になる場所があるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

アナンタラ バンコクリバーサイドの5つ星ホテルはコスパ最高だった!! この記事を読んでみる

タイのビール事情!! シンハービールの値段を比較!!

 シンハー

日本ではタイのビールと言えば、シンハーが有名ですが、実際に現地の飲食店で一般的なビールはリオとチャーンの2種類が人気でしょう。

また、場所によってはハイネケンもあります。しかし、どちらかと言うとシンハーやハイネケンは外国人旅行者に有名なビールです。

ちなみに、これらのビールはコンビニやスーパーでは40バーツほどで購入できるにも関わらず、高級レストランやホテルのラウンジなどでは超高額になります。

・スーパー(コンビニ) → 40バーツ(約130円)

・屋台(市場など) → 60バーツ(約200円)

・ローカルレストラン  → 90バーツ(約300円)

・一般的なBAR → 120バーツ(約400円)

・高級レストラン → 200バーツ(約700円)

上に主なビールの値段を記載しましたが、このような価格差があり、高級店ではサービス料やVAT(付加価値税)が上乗せされるので、実際にはもっと高額になります。

私は到着後にスーパーでまとめ買いをして、ホテルの冷蔵庫にキープが定番です。こうして外食以外は節約するのも個人的にはベストだと思います。

加えて、ホテルによっては、冷蔵庫に元々ビールや有料の飲料水が入っている場所も多いので、自分で購入したビールと間違わないように気をつけましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ビアラオ (Beerlao)東南アジアで一番うまいラオスビールとは!? この記事を読んでみる

超高額!! バンコクのスカイバーで飲んだビールに驚愕!!

 シンハー

過去最高に高額だったビールは、バンコクの5つ星ホテル、ルブアの最上階にあるスカイバー(ルーフトップバー)、シロッコです。

数多くの外国人旅行者が訪れる人気の観光スポットしても有名なので、私も以前このホテルに宿泊した際に行ってみることにしました。

しかし、このシロッコで飲んだビールは、なんと650バーツほどだったと記憶しています。これは日本円で2,300円でしょうか!? 

また、実際には税金などもかかります。ここで調子に乗って豪遊してしまい、後で会計を見て青ざめましたが、今となっては良い思い出の一つになっています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

シロッコ 世界一高い場所!! バンコクのスカイバーの超高級ワインに注意!! この記事を読んでみる

タイ人の最低賃金は1日300バーツ!?

ちなみにタイ人の法律で定められた1日の最低賃金は、日給300バーツだったと思います。よって、このビールの価格がどれだけ高額かが良く分かるでしょう。

日本でも高級レストランではシャンパンやワイン高額です。しかし、ビールの価格に関しては、高くとも1,000円以上は見たことがありません。

そう考えるとシロッコで飲んだビールは、価値にすると10,000円近くするのではないでしょうか!? これはさすがに高いと思います。

このように、タイでは特に外国人向けのレストランやバーなどでは、実際にタイの物価とはかけ離れた場所があると言うことを覚えておくと良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの物価 日本と比較!! 庶民感覚では100バーツが1,000円!? この記事を読んでみる

さいごに

近年タイは、バンコクを中心に物価の上昇が顕著で、発展途上国というポジションから頭一つ抜けたようなイメージがあります。

しかし、現在でも貧富の差が激しく、ローカル店と高級店の価格の差も大きいということも覚えておくと良いかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行 失敗しないおいしいレストラン!! 5つの見分け方とは!? この記事を読んでみる

タイ旅行の服装!! 何を着て行けば良い!? 実は恥ずかしいその見た目!! この記事を読んでみる