シンハービール(SINGHA)がおいしい国タイ 場所によって値段が違いすぎる!?

タイといえば、シンハービール(SINGHA)です。年間を通して、気温が30度近いタイでは、ビールは必需品です。

物価の安いタイですが、どこでビールを飲むかによって、値段が大きく変わります。ということで、今回は、タイのビール事情について、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

激安だけど激うま・絶対に食べたいバンコク屋台の定番メニュー串焼き『ムーピン』 この記事を読んでみる

シンハービール(SINGHA)がおいしい国タイ 場所によって値段が違いすぎる!?

SINGHA(シンハービール)

 SINGHA

タイは熱帯の国です。本当にビールをおいしく頂くことができます。観光客は、お昼からビールを飲んでいます。

ビーチやプールサイドでは、朝から!?のビールもおいしいものです。しかし、タイではどこでビールを飲むかによって大きく値段が異なります。

もちろん日本でも同様のことはあります。しかし、あれほど物価の安いタイですが、ビールの値幅が激しすぎます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

そうだ『バンコク』に行こう!!! タイはこれから乾季・ベストシーズンが到来しました この記事を読んでみる

シンハービールの値段は?

 SINGHA

このシンハービールの値段に幅がありすぎます。代表的なビールの値段はこんな感じでしょう。1つの例になると思います。

スーパー・コンビニ 40B(¥130)

屋台 60B(¥200)

普通のレストラン90B(¥300)

普通のBAR 120B(¥400)

高級レストラン150B(¥500)

おおまかにはこんな感じです。高級レストランやバーでは、この値段にサービス料やVAT(付加価値税)がかかりますので、実際はもう少し高額になります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイ旅行で絶対失敗しないおいしいレストラン 5つの見分け方・選び方【永久保存版】 この記事を読んでみる

シンハービールが高すぎる!?

シンハービールが高すぎるお店がありました。驚愕の値段です。バンコク都内で、シロッコというレストランの中にスカイバーというバーがあります。

ルブアというホテルの最上階にあり、人気の観光スポットにもなっています。このバーで飲んだシンハービールの値段が高すぎます。

なんと650バーツ〜700バーツでした。これは、日本円で約2300円ほどになります。この値段にサービス料とVAT(税金)がかかりますので、最終的には、3000円ほど!?になります。

実際にはもう少し高かったかもしれません。お酒とは怖いものです。酔って気が大きくなった結果、数本飲んでしまいました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ルブア・バンコク 観光客に大人気のスカイバーで超高級ワイン!?を飲んでみた この記事を読んでみる

タイ人の最低賃金は1日300バーツ

タイ人の1日の法律で定められた最低賃金は、日給300Bだったと思うので、このビールが現地でどれだけ高額なのかということがわかります。

日本の高級レストランでもシャンパンやワインは高額です。しかし、ビールの値段に関しては、高くてもビール1本1,000円といったところでしょう。

ルブアのスカイバーで飲んだシンハービール、700バーツは、日本の価値にすると10,000円以上になります。さすがに高すぎます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均・月2万6,973バーツと増加傾向 1人あたりの平均は9,266バーツ この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

タイの高級ホテルでビールを飲むときには、注意が必要です。このように、タイのビールは、どこで飲むかによって大きく違います。私にはコンビニや屋台のビールがお似合いです。

私たち日本人には、タイといえば、シンハービールをイメージしますが、現地のタイ人にはチャンビールが人気です。ということで、今回は、タイのビール事情を記事にしてみました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイでビール、アルコール類の写真をSNSにアップすると逮捕されてしまう!? この記事を読んでみる

パスチャライズ牛乳!? タイ・バンコクでおいしすぎる日本のmeiji牛乳シリーズ この記事を読んでみる