山田長政 17世紀にタイで活躍したアユタヤ日本人傭兵隊のリーダーの歴史とは!?

山田長政は、17世紀にタイ、当時のシャム王国で活躍した日本人です。今から約400年もの前に東南アジア、タイに移り住み、歴史に名を刻んだ日本人です。

今回は、この山田長政とは一体どのような人物だったのか?先人の知恵を探るべく、長政の歴史について、調べてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ王国の歴史1 タイ王国の創世記からアユタヤ王朝ができるまでの歴史を振り返る この記事を読んでみる

山田長政 17世紀にタイで活躍したアユタヤ日本人傭兵隊のリーダーの歴史とは!?

はじめに

歴史に詳しい方は、名前ぐらいは聞いたことあるかもしれません。外国に移り住み、その国の言葉を話し、生活することは、現代ではある意味普通になってきました。

しかし、飛行機もない時代、日本の江戸時代の初期に海外に行くということは、一体どういうことだったのでしょうか?

簡単ではないはずです。第1に、船でタイまで行く!?全く想像がつきません。偉大な先人たちには必ず学ぶべきところがあると考えております。それでは、山田長政の生い立ちについてです。 

山田長政の略歴

山田長政は、1590年に駿河国(現在の静岡県)に生まれます。沼津藩主・大久保忠佐に仕え、六尺(駕籠かき)をしていました。ちなみに駕籠かきとは、かごに人を乗せて運ぶ仕事です。

決して身分の高い仕事ではありません。当初、武士として出世を望んでいましたが、「関ヶ原の戦い」以後は平和になり、武士の仕事が減ることを考え、商人として生きる道を選びます。

そして、商人としての成功を夢に、海外に活躍の場を求めるに至りました。そうした経緯から、1612年に朱印船で長崎から台湾を経て、シャム王国の王都アユタヤに渡ることになりました。

後に、津田又左右衛門筆頭の日本人傭兵隊に加わり、頭角を現しアユタヤ郊外の日本人町の頭領になります。

国際都市アユタヤ

 山田長政

17世紀当時のアユタヤは、日本の江戸や当時のヨーロッパの大都市に引けを取らない国際都市でした。貿易によって経済は発展し、かなりの繁栄を誇っておりました。

この貿易は、シャム王国に地方から物納税として集まる特産品を求めて、世界各国より外国人商人が集まりました。それが莫大な富を産むこととなります。

人口は15万人を超え、世界50ヶ国近い国の人々が移り住んでいたと言われております。17世紀当時、鎖国中であった日本からは考えられないオープンな都市であったことがわかります。

そして、貿易による繁栄に目をつけた近隣の国々です。また、当時の大国スペインが支配しようと目をつけていたのです。

戦国時代を戦い抜いた日本の侍たちは、商人としてだけではなく、アユタヤ王朝を守る傭兵として活躍することとなります。その傭兵のリーダーとして戦ったのが、山田長政だったのです。

アユタヤの日本人町

アユタヤの日本人町は古くは14世紀に始まったと言われています。17世紀のアユタヤは外国人たちが出身地ごとに居住区を設けていました。

タイ人よりも、むしろ外国人の方が多く住むコスモポリタンな町だったのです。そして、日本人も同様に、集落を形成いたしました。

これがアユタヤの「日本人町」です。関ヶ原の戦い以後、仕事を求めて多くの浪人が朱印船により、アユタヤに流れてきました。

チャオプラヤー川東岸の地に位置した、日本人町は最盛期には1500人もの日本人が居住していたと言われています。

侍の流れを組むその傭兵たちは、アユタヤの傭兵の中でもかなり強力でした。強力な力と共に政治的にも大きな力を持つようになります。そのリーダーとして山田長政が活躍したのです。

山田長政の活躍とその後

当時のソンタム王の信頼を得て、日本人町の頭領になった長政は、日本人義勇兵の隊長としてチャオプラヤー川の警備などで活躍します。

ついにはオークヤー・セーナピムック(軍隊の領袖)という欽賜名を授かるまでになったのでした。

当時のアユタヤの国王は、直轄する軍隊が少なかったため、外国人の傭兵を徴用することが普通でした。よって、力のある長政は大変貴重な存在だったと言えます。

しかし、その後の王位継承争いに巻き込まれた長政は、対立したプラサートトーンから疎まれて、左遷されることとなります。

そして、最後には自分のライバルになると恐れを抱いたプラサートトーンに毒殺されてしまいます。

また、当時の江戸幕府の鎖国政策もタイミングと重なって、新しい日本人がアユタヤに移住しなかったこともあり、日本人町は衰退の一途をたどります。

最後には息子オクンを暗殺され、日本人町も焼き払われてしまいます。ちなみに、その後も日本人町は細々と存在したようですが、徐々にタイ族に同化し、自然消滅したと言われています。

さいごに

幼少期に武士を志し、時代の流れとともに、タイ(アユタヤ)に渡り一時代を築いた山田長政は、そういう意味でも先見の明があった偉大な人物だと思います。

現在でも、日本人町の跡地は記念公園となっており、日本人町、跡の碑などが建っております。こうした過去の日本の偉人から、学ぶべきところがたくさんあるはずです。

私もいつか海外に移住することがあれば、先人の知恵を参考にしたいと思います。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ王国の歴史2 トンブリー王朝の形成からシャム王国・現在のタイ王国の成り立ちについて この記事を読んでみる

ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった この記事を読んでみる