屋台を撤去? 2017年『タイ』バンコクの屋台がなくなってしまう?このニュースの真偽は!?

バンコクの屋台が年末までに撤去される!?今年、2017の4月に、世界中に衝撃的なニュースが流れました。

バンコク都の高官が、市内の美化、安全の確保のために、あらゆる露店販売を禁止、撤去を行うというニュースです。

バンコクの屋台は、一体どうなってしまうのでしょうか?そして、本当になくなってしまうのか!?今回は、バンコクの屋台事情について記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台飯 抜群のおいしさと安定の安さ タイの屋台で激安グルメを食べ歩こう この記事を読んでみる

屋台を撤去? 2017年『タイ』バンコクの屋台がなくなってしまう?このニュースの真偽は!?

タイの屋台が撤去される!?

 屋台

タイの屋台はどうなってしまうのか!? 私も毎月バンコクに出張に行っておりますが、あれ?普通にいつも通りやってます。あのニュースは一体どういうことだったのでしょうか?

屋台大好きの私にとっては、とても衝撃的なニュースだったのですが、結局変わりない?と安堵したものです。

先日、屋台のおばちゃんが気さくに話しかけてきたので、「前に屋台がなくなるってニュース見たけど」と聞いてみました。

屋台が全部なくなるわけではない!!!

これには私の大きな勘違いがありました。おばちゃんが言うには「大通り沿いの歩道の屋台や露店は禁止、小道は関係ない」という話です。

そうなの!?ということで調べてみたところ、基本的に「バンコクの主要な路上の屋台を全面的に禁止」ということらしいです。

そういうことだったのです。しかし、先月バンコク出張に行った際にもスクンビット沿いの歩道に露店たくさんありました。

飲食系の屋台は指導にあってるみたいです。言われてみればスクンビットも大通りは屋台がなくなったので、歩きやすくなったような気もします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台でごはん【シーロム・コンベント通り】でおいしい屋台飯を食べる この記事を読んでみる

変わって欲しくないバンコクの屋台

 屋台

バンコクには約15,000軒の屋台があるようです。これからますます厳しくなっていくのでしょうか?なんだか変わって欲しくないものです。

年末に向けて、カオサンやヤワラート(中華街)なども規制を強めていくみたいです。しかし、そこを規制したら街の雰囲気変わってしまいます。

ここで私が以前から疑問に思っていたことですが、そもそもタイには「なぜこんなに屋台がたくさんあるのか」と思いませんか!?

<関連記事はこちらからどうぞ>

ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった この記事を読んでみる

タイ人は料理を作らない

そうです。タイの多くの方は自宅で料理を作らないそうです。そもそも自宅にキッチンがない家が多いということも理由の1つのようです。

元々部屋にキッチンがついてないようです。どうやらキッチン付きのアパートは値段が高いらしく、作るより買ったほうが安いというのが結論です。

タイ人が仕事帰りに屋台で買って帰るのは、こういう理由があったのです。また、タイのゴミが多いこともここに理由がありました。

多くの人が外で買うわけなので、ビニール袋や容器などたくさんのゴミが出ます。それが路上などに散乱しているのです。

そうだ、バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

バンコクのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

バンコクのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをたいへんお得に予約することができます。

また、日本人による安心のカスタマーサポート、予約に関する確認を日本語でお問い合わせすることもできます。ぜひ、アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

今後、バンコクの屋台も徐々に無くなっていくのでしょうか?どちらにせよ、今のうちに屋台文化を楽しんでおいた方がいいでしょう。

また、タイ人はタフです。また新しいやり方を見つけるでしょう。そもそも、行政の言うことをずっと聞いていられる!?とも思いません。

ということで、おいしいタイの屋台飯を食べながら、この変化を見守っていきたいと思います。また情報が入ったら更新してみます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Trip.com・Ctripのグループ会社を使って、2018年の航空券を実際に予約してみた この記事を読んでみる

深夜便 バンコクに早朝に到着・ホテルで部屋に入れるまでの過ごし方は!? この記事を読んでみる