ワット・ラーチャオラサラーム ラーマ3世の菩提寺は第1級王室寺院!!

ワット・ラーチャオラサラーム (Wat Ratcha Orasaram)は、バンコクのトンブリーにある隠れた名刹です。

タイ国内でも数少ない第1級王室寺院に認定されています。ということで、今回は、バンコクの格式の高い寺院、ワット・ラーチャオラサラームについて、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワット・ポー タイで一番有名な寺院の行き方は!? 服装や詐欺にも注意!! この記事を読んでみる

ワット・ラーチャオラサラーム ラーマ3世の菩提寺!! バンコクの第1級王室寺院を歩く!!

格式の高い第1級王室寺院!! ワット・ラーチャオラサラーム歩く!!

 ワット・ラーチャオラサラーム

バンコク都心からチャオプラヤー川対岸のトンブリーに格式の高い名刹があります。私も初めて訪れましたが、こんなにすばらしい寺院があるとは思いませんでした。

バンコクでも古い歴史のある下町エリアですが、この場所だけは特にキレイに整備され、広い敷地にゆったりとした時間が流れています。

 ワット・ラーチャオラサラーム

しかもこれだけ美しい寺院ですが、旅行者の姿は全く見かけません。また、私が平日に訪れたからかもしれませんが、地元のタイの人の姿もほとんど見かけませんでした。

オレンジ色の袈裟を着た僧侶を数人と関係者と思われるタイ人男性を見たくらいで、相当ローカルな場所に来てしまった!? と思うほどです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワットアルン タイを象徴する暁の寺院!! 行き方や参拝時間は!? この記事を読んでみる

ワット・ラーチャオラサラーム建立や寺院の歴史とは!?

 ワット・ラーチャオラサラーム

アユタヤ王朝の時代に建立された古い寺院ですが、以前はワット・チョムトン(Chom Thong)と呼ばれていました。このエリアの名前、チョムトンという場所に由来するのでしょう。

また、現在でも地元の人には当時と同じチョントンの愛称で親しまれているようです。そして、ラーマ2世と息子のラーマ3世が寺院を改修したことで現在の名前になりました。

 ワット・ラーチャオラサラーム

中国の交易が盛んだったラーマ3世の時代に改修されたこともあり、寺院内の随所に中国の影響を感じます。

実際に中国から運んできたタイルや像で装飾されていますが、バンコクで中国芸術を多く取り入れた最初の寺院としても有名のようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワット・ヤンナワー バンコクの人気寺院は不思議な船の形をした仏塔!! この記事を読んでみる

ラーマ3世の菩提寺として!!

 ワット・ラーチャオラサラーム

実際に王族や高層が座ったとされる椅子がありました。王室との繋がりも特に深く、ラーマ3世の遺灰が祀ってあることから第1級の王室寺院に認定されています。

この寺院がこれだけ整備が行き届いた美しい寺院であるのは、やはり王室の保護下にあることが一番の理由でしょう。

 ワット・ラーチャオラサラーム

また、ラーマ3世は特に中国の文化を好んだと言われていますので、やはり上の写真のような中国の影響を受けた像が色々な場所に安置されています。

加えて、元々トンブリーは、現在のチャクリー王朝の前のトンブリー王朝を開いたタークシン王と一緒に多くの中華系の移民が移り住んだ場所なので、そういった影響もあるのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワット・チャオアーム バンコクの下町にタークシン王にゆかりの寺院!! この記事を読んでみる

安らかな表情の涅槃像に癒される!!

タイ国内の色々な寺院でも見かけますが、涅槃像は独特の魅力を持っています。おそらく一番有名な涅槃像はワット・ポーでしょう。

確かにあの巨大な像のインパクトは半端ではありません。しかし、ワット・ラーチャオラサラームの像も負けず劣らず美しいです。

なんとも言えない安らかな表情に本当に癒されます。いったいどのような内面を表現しているのでしょうか!?

サイズではワット・ポーよりは小さいですが、なんとも言えない雰囲気と幸運をもたらしそうな福耳を見ると、やはりテンションが上がるのは私だけではないはずです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Wat Worachanyawas 100バーツの激安タイマッサージ店が集まる聖地とは!? この記事を読んでみる

ワット・ラーチャオラサラームの仏像は必見!!

やはり本堂に鎮座している仏像もすばらしいです。また、仏像の横にはラーマ3世の肖像画も飾られていました。

そして、この仏像さすがですが、壁一面に描かれた宗教画!? がさらに素敵です。その絵の多くが花をモチーフにされています。

本堂の入口付近にはなんだか不思議な顔の像がありました。なんとなく中国の影響を受けた像だと感じます。

しかし、寺院全体のモダンな雰囲気とは対照的に少しだけ滑稽な像が配置されているのがなんだかアンバランスで面白いと思いました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Wat Bowonniwet カオサン通り徒歩3分!! 国王が修行する第一級王室寺院!! この記事を読んでみる

ワット・ラーチャオラサラーム(Wat Ratcha Orasaram)に行こう!!

住所:Ekkachai Rd, Bang Kho, Chom Thong, Bangkok, Thailand

参拝時間:8:00頃〜17:00頃!?

ワット・ラーチャオラサラーム(Wat Ratcha Orasaram Ratchaworawihan)は、BTSウタカート駅から1.5kmほど南にあります。

私はウタカート駅から周辺の街並みや寺院を散策しながら歩いて向かいました。しかし、直接行くにはタクシーバイクタクシーを利用すると良いでしょう。

ちなみに私は帰りはバイタクに乗りました。基本的にはウタカート通りをひたすら直進してソイに入ると見えてくるので、場所は分かりやすいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ寺院 参拝の基本知識!! 服装やマナーは!? 過度な露出は厳禁!! この記事を読んでみる

さいごに

 ワット・ラーチャオラサラーム

タイ国内でも数少ない第1級王室寺院ですが、意外にも観光地から離れているからか、ほとんど参拝者の姿を見かけませんでした。

しかし、私の個人的な感想では、全体的な雰囲気は私の訪れた寺院の中でも筆頭です。もしかしたら一番好きかもしれません。是非一度訪れて欲しい場所だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワット・ラートプラーオ バンコクで幾千もの仏像が鎮座する圧巻の寺院!! この記事を読んでみる

タイ王室寺院一覧 王族が建立!? 認定を受けた格式の高い仏教寺院とは!? この記事を読んでみる