レディボーイ事情・タイはなぜニューハーフが多いのか!? 理由を考えてみた!!

レディボーイ とは、日本で言うニューハーフのことです。タイにはたくさんのレディボーイがいて、いろんな意味で社会に溶け込んでいます。

それでは、タイにはなぜレディボーイがたくさんいるのでしょうか!? ということで、今回は、気になるタイのレディボーイ事情について、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トゥクトゥク詐欺!? バンコクでトゥクトゥクに連れて行かれるお店はぼったくりなのか検証してみた この記事を読んでみる

レディボーイ事情・タイはなぜニューハーフが多いのか!? 理由を考えてみた!!

レディボーイとは!?

 レディボーイ

タイでは、日本のニューハーフのことをレディボーイ、タイ語では、カトゥーイ(กะเทย)と呼ばれています。タイ人も一般的にはレディボーイと言います。

一説によるとタイ国民の0.5%くらいがレディボーイだと言われています。ということは、タイ人の200人に1人がレディボーイという計算になります。

数字だけ見ると多いのか、少ないのかイメージがつきにくいですが、タイの友人が言うには、学校のクラスに1人はいるような感じかな!?と言っていました。

ちなみに、絶世の美人から、かなりごついレディボーイまで、様々な方たちを街中のいたるところで見かけます。

ニューハーフ.wiki

タイ社会に溶け込んでいるレディボーイ

 レディボーイ

日本でもテレビやメディアなどの影響もあり、ニューハーフが少しずつ人権を得てきましたが、いまだに大きな偏見が存在します。

しかし、タイではレディボーイがかなり社会に溶け込んでいます。もちろん、タイでも若干の偏見は存在しますが、日本のそれとは比べものにならないほど理解されているのは事実でしょう。

実際にタイに行くと、美容関係はもちろん、デパートやレストラン、コンビニなどでもたくさんのレディボーイが働いています。

また、空港や公共機関などでも見かけることもあります。このように違和感なく、社会に溶け込んでると感じることができます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう この記事を読んでみる

タイにレディボーイが多い理由は!?

 レディボーイ

それでは、タイにはなぜレディボーイが多いのでしょうか!?これにはいくつか理由がありそうですので、考えてみることにしました。

女性への憧れ

タイは、女性が強い社会です。家族の中でも母親が1番強いケースが多いです。また、タイの歴史では、女系が家長である民族もいます。実際にタイ北部には、この文化が今も現存しています。

小さい頃から、強い女性を見ていることで、女性への憧れを抱いているとも言われています。また、男性が頼りなさすぎるという側面もあります。

タイでは女性が働いて家族を支え、男性は働かずにフラフラしているというイメージもあり、実際に、女性のオーナーや経営者が非常に多いです。

そういう意味で、女性に対する憧れから、レディボーイになる男性が多いということは、1つの理由だと考えられています。

徴兵制の問題

実はこれが1番の理由ではないかと言われているのですが、タイには徴兵制があります。タイでは19歳〜21歳までの2年間軍に入隊しなくてはいけません。これは国民の義務です。

しかし、全員ではありません。この選び方はちょっとユニークなのですが、くじ引きで選出されるのです。くじの当たりが2年間の徴兵となります。

では、なぜこの徴兵制とレディボーイが関係あるかというとです。タイでは、レディボーイになっても戸籍を女性に変更することはできません。

よって、男性と等しく徴兵制のくじを引かなくてなならないのですが、体が女性であるため、軍の風紀が乱れるという理由から徴兵を免除されることが多いのです。

前述の通り、タイでは本当に働きたくない男性が多いです。そのマインドから、軍隊に行くのなら、免除される可能性の高いレディボーイになることを選ぶというのです。

タイの貧困事情

私はこれが1番の理由だと考えているのですが、タイは貧富の差が激しい国です。特に女性が社会の中でも強く、女性になることで、仕事を得ることができるという理由もあります。

また、観光大国タイで、大きな産業になっているものが風俗産業です。タイのナイトライフでは、見た目次第で一攫千金を掴むことも可能です。

ちなみに、タイ人の平均月収は1万バーツほどですが、バンコクのナイトライフに従事する女性の中には月収30万バーツを稼ぐ強者もいるようです。

実際にタイの繁華街では、かなりたくさんのレディボーイを見かけます。これは、お金を稼ぐチャンスがあるということでしょう。

悲しいことに、タイの農村部などでは、親が生まれた男の子を小さいころから女の子として育てて、大人になったタイミングで体を売らせて、お金を得るなんてこともあるのです。

このように、男でも容姿がキレイなレディボーイになれば、普通に働くよりも若くして、大金を掴むチャンスもあるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均・月2万6,973バーツと増加傾向 1人あたりの平均は9,266バーツ この記事を読んでみる

男でいることへの失望

タイの男性は本当に二極化しています。真面目で働き者の男性とヒモで責任感の欠如した男性の差が激しすぎます。

また、男性の浮気が半端ではありません。結果、母子家庭がものすごく多いです。こういった甲斐性のない男性を小さい頃から見ていると男性でいることへ失望してしまうようです。

よって、偉大なお母さんのように女性になって家族を支えるぞという気持ちが芽生えるのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

セブン犬とは? タイのコンビニにいる野良犬たちが賢い!!! 本当に力強く生きています!!! この記事を読んでみる

タイはトランスジェンダーに寛大な国

 レディボーイ

タイはLGBTに本当に理解のある国です。タイ人の気質「マイペンライ」の精神でしょう。まぁいいかという小さいことは気にしない文化なのです。

そういった気質がレディボーイを受け入れる大きなバックボーンになっているのは、明白な事実でしょう。

また、タイは仏教の精神を重んじる国です。仏教文化にある輪廻転生という考えの中で、生まれ変わった結果、心は女性なのに体が男性だっただけと考える風潮もあるようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スラウォン(スリウォン)通り・バンコクで素敵な男性と出会う街を紹介します この記事を読んでみる

レディボーイもつらいよ

男もつらいよならぬ、レディボーイもつらいよです。いかに寛容なタイと言えど、レディボーイに対する差別は存在します。つらく当たられることもあるのです。

また、全員がキレイなレディボーイになれるわけではありません。これは、人間全員に言えることですが、お金をかけて変身したつもりが、???ということもあり得るのです。

そして、戸籍は男性のままなので、様々なIDカードには男と記載されています。完全に女性として生きることはできないということです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる

レディボーイをなめると痛い目に

 レディボーイ

中には完全にこの人強いでしょ!?というレディボーイもいます。そういうわかりやすい方はいいとして、見た目が完全に素敵な女性になっている方もいます。

しかし、もともと男ですから、力は男ということを忘れてはいけません。しかもレディボーイに限らず、実はタイ人はプライドが高いので、怒るとかなり恐いです。

普段から少し違う目で見られているレディボーイなので、ちょっとしたことで、トラブルになるケースもあります。

事実、レディボーイによる観光客への暴行事件もたびたび起きています。決して、タイのレディボーイをからかったりしてはいけませんので、気をつけましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パタヤのニューハーフに注意!レディボーイによる財布のスリに気をつけよう この記事を読んでみる

レディボーイに出会いたい!?

 レディボーイ

タイでレディボーイに出会いたい方は、バンコクではスクンビット、BTSナナ駅周辺に行きましょう。有名なナナプラザにも出会える場所がたくさんあります。

パッポン通りにもレディボーイで有名なお店があります。しかし、日本人に特に有名なソイカウボーイにはあまりいません。

観光地パタヤでは、こちらも有名なウォーキングストリートにたくさんのレディボーイがいます。もし、出会いたい方は、立ち寄ってみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ナナプラザ(Nana Plaza)バンコクの人気歓楽街に元気がない?客離れが進んでいる!? この記事を読んでみる

そうだ、タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

今回は、タイのレディボーイ事情について、記事にしてみました。このように国が変われば、文化も異なります。是非タイに出かけてみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年版 日本人男性がタイでモテるための5つの条件とは!?【保存版】 この記事を読んでみる

なぜバーツ高は続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由は!? この記事を読んでみる