タイ王国の歴史1

タイ王国の歴史1

タイはアジアの国では珍しく、一度も植民地になったことがない独立を維持している国です。この歴史に何か発見があるのではないかと思い。今回の記事を書きながら、タイ王国の歴史を学んでみようかと思います。

せっかく一年に何回も訪れる国ですし、知っていて損はありませんね。それでは歴史探索のスタートです。

タイ王国の建国 

13世紀ごろ、現在のタイにタイ族の国家が建国されます。

それまでのタイはモン人によるドヴァーラヴァティー王国やマレー人によるシュリーヴィジャヤ王国、クメール人によるクメール王朝など幾つかの王国が存在していました。

ドヴァーラヴァティー王国は長きにわたり仏教を信仰する高度な文明を築き、シュリーヴィジャヤ王国は、スマトラ島からマレー半島に至る地域で海上交易を行う大乗仏教を信仰する国でした。

またクメールはカンボジアのアンコールを首都として、タイ東北部を中心にタイ全土を支配する大国でした。

そんな中、11世紀ごろ、長きにわたり中国東南部より南下し、タイ各地に都市国家を形成していたタイ族が統一国家を形成します。

これがスコータイ王朝です。

スコータイ王朝(タイ語: ราชอาณาจักรสุโขทัย、13世紀、1240年ごろ – 1438年)は、タイに存在した王朝。タイ族最初の王朝といわれています。

この王朝はクメールの衰退とともに勢力を拡大し、始祖イントラチット王三男で3代目となるラームカムヘーン王(タイ国の3大王の一人)の頃、飛躍的に国力を伸ばします。

最盛期には今のラオスから遠くシンガポールあたりまで広がったといわれています。

タイ文字を発展させ、大乗仏教から上座部仏教を国教としていくだけではなく、自由貿易を推し進め、中国とも貿易を行っていました。

また、タイ北部では、チェンマイ(ラーンナタイ)やパヤオといったタイ族国家も形成されていました。しかし、王の死後スコータイ王朝は、急速に力を失い、後のアユタヤ王朝に吸収されてしまいました。

スコータイ王朝の思想と文化

スコータイ王朝は、仏教思想が花開いたタイの仏教の黄金期と言われています。仏教を大きく普及させたリタイは、仏教を研究し、自らも出家します。彼の仏教研究は「三界経」に代表されます。

三界経は「悪いことをすると地獄に堕ちる」という因果応報(タム・チュワ=ダイ・チュワ、タム・ディ=ダイ・ディー)の観念を説き、地獄の様子を過剰に体系化して描き、庶民にも生々しくかつ分かりやすい形で仏教を説明し、その伝播を助けました。

スコータイ王朝では、スコータイ、シーサッチャナーライ、カムペーンペットなどに代表されるようなタイ独特の建築を確立させます。

クメール建築、アンコール・ワットに代表されるようなをもとにスリランカの様式を加えたものと言われています。

また。仏像美術ではスコータイ仏と言われる仏像が数多く作られ、現在でも大乗仏教の寺院以外では必ず配置され、長く愛され続けています。

この王朝の特徴として、クメール文字に独自に手を加えスコータイ文字が作られました。

アユタヤ王朝

アユタヤ王朝(1351年 – 1767年)はタイの中部アユタヤを中心に展開したタイ族による王朝。

1351年にラーマーティボーディー1世(ウートーン王)は首都をアユタヤに移し、その後約400年も続き、34人の王が統治する一大王朝を作り上げます。

ただ、周辺国との激しい戦いの歴史でした。東のクメール、北のチェンマイなど。16世紀中頃からは長きにわたり交戦していたビルマに、一時は属領になってしまします。

17世紀初頭、ナレースワン大王が出現、失地回復を果たし、中央集権制度を確立しますが、再び侵攻してきたビルマに14ヶ月間包囲され、ついには1767年に首都アユタヤの街を徹底的に破壊され、滅亡することになります。

このアユタヤ王朝は国際商業都市として大いに繁栄しました。中国、インド、西欧と交易し、日本も朱印船貿易で鹿皮、鯨皮などを輸入していました。

この王朝は16世紀後半から、17世紀前半にかけて、徳川幕府による統一により失業していた日本人の傭兵が海外に働き口を探し、移住していた。アユタヤには日本人町があったほど多くの日本人がいたことになります。

日本人の山田長政もこの時代にタイの日本人町を中心に東南アジアで活躍した人物です。

このアユタヤ王朝の滅亡後、アユタヤの将軍であるプラヤー・タクシンが王となり、バンコクの対岸に建国します。これがトンブリー王朝です。

次回へ続く

記事が長くなってきましたので、今回のタイ王国の歴史1はこの辺で終了したします。

また次回のタイ王国の歴史2も近々記事にいたします。ご興味のある方はぜひ一緒に学習しながら読んでみてくだいね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイ王国の歴史2 この記事を読んでみる