ワット・プラパトム チェディ 仏教の聖地!! ナコーンパトムの名刹!! 世界一高い仏塔が魅力!!

ワット・プラパトム チェディ (Wat Phra Pathom chedi)は、タイ中部の都市ナコーンパトム県にある名刹です。

タイ国内で最も古い寺院、聖地として多くの参拝者が訪れています。ということで、今回は、歴史的遺産とも言われるプラパトム チェディについて、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワットアルン (暁の寺)タイを象徴する寺院!! 行き方や参拝時間は!? 服装に注意!? この記事を読んでみる

ワット・プラパトム チェディ 仏教の聖地!! ナコーンパトムの名刹!! 世界一高い仏塔が魅力!!

3世紀に建立!? 歴史的遺産を歩く!!

 ワット・プラパトム チェディ

タイ中部の都市ナコーンパトムは、バンコクから西に55キロ、鉄道で約1時間半の場所にあり、タイ国内で一番古い町と言われています。

その町の中心にあり、シンボルと言われているのが、巨大な仏塔を持つ寺院、ワット・プラパトム チェディ (Wat Phra Pathom chedi)です。

 ワット・プラパトム チェディ

この町を訪れる人は必ず足を運ぶ名刹ですが、私も以前から一度は参拝に訪れたいと思っていたので、今回ようやく実現することができました。

タイ国内でも最も歴史の古い寺院です。タイ全土から参拝者が訪れ、賑わいを見せていますが、外国人旅行者の姿はほとんど見かけませんでした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワットポー タイで一番有名な寺院!! 人気観光スポットの行き方は!? 服装や詐欺にも注意!! この記事を読んでみる

タイ全土から参拝者が訪れる仏教の聖地!!

 ワット・プラパトム チェディ

タイ国内では仏教の聖地として崇められています。よって、聖地巡礼という意味を込めて、タイ全土から参拝者が訪れる寺院です。

また、タイ国内でも格式の高い第1級王室寺院に認定され、王室の保護を受けています。この寺院周辺に僧侶が住み始めたのは1800年頃と言われ、王室も大規模は修復工事を行っています。

 ワット・プラパトム チェディ

巨大な仏塔を取り囲むように作られた寺院には、数多くの仏像や礼拝堂があり、中には写真のような涅槃物の姿もありました。

私はじっくりと拝観したので、おそらく2時間ほどは敷地内で過ごしたでしょうか。足早に見ても1時間はかかるのではないかと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ王室寺院一覧 王族が建立した名刹!? 認定を受けた格式の高い仏教寺院とは!? この記事を読んでみる

町のシンボル!! 歴史ある世界一高い仏塔!!

 ワット・プラパトム チェディ

ナコーンパトム駅を出ると、すでに巨大な仏塔が正面に見えてきます。世界一高い仏塔で、その大きさは高さ120,45m、直径65m、周囲の台座は205mと超巨大です。

インドのアショーカ王(紀元前268年頃-紀元前232年頃)がインドシナ半島で初めて寺院を建て、タイに始めて仏教が伝来した重要な場所とされています。

この仏塔の歴史には諸説あり、紀元前170年に最初に建てられたと言われていますが、別の説では4世紀にフン族によって作られたとも言われ、実はその起源は現在も解明されていません。

歴史上ではっきりと解っているのは、11世紀にクメール人によってビルマ風に改修され、しばらく月日が経ちます。

1800年代には、この寺院と仏塔の重要性を再認識したラーマ4世が大規模な修復工事を始め、1853年に完成しますが、大雨によって壊れてしまいます。

その後、定期的に修復工事が行われますが、近年ではタイ政府が2,500万バーツという巨額の費用と6年の歳月をかけ、現在の姿になりました。

仏塔の周囲にある仏堂の中に壁画が描かれていました。仏塔の内部に白亜の仏塔!? がありますが、おそらくこれが当時の仏塔でしょうか。

この当時のモノを取り囲むようにして、現在の巨大な塔が作られたのではないかと思います。ちなみに夜間にはライトアップされ、その妖艶な姿も魅力的のようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワットパクナム バンコクの絶景寺院!! 天国をイメージした天井画!! 参拝者のマナー違反が問題!? この記事を読んでみる

随所に鎮座する仏像も必見!!

寺院の敷地内の随所に仏像が鎮座しています。この仏像も魅力的で、中には相当歴史の古いモノもあるのではないかと思います。

一つ一つ異なる仏像たちは本当に趣があります。おそらく本堂でしょうか!? 一つだけ写真撮影が禁止されている仏堂があり、その中の仏像が特にすばらしいと感じました。

また、仏像以外にも色々なモニュメントがあり、中には写真のようなユニークな像もあります。これもタイの寺院の面白い部分でしょう。

やはり巨大な仏塔が圧倒的な存在感を示していますが、私のような仏像好きにはいくら時間があっても足りないほど見所が満載でした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プラクルアン タイに伝わるお守りとは!? ご利益や効果は!? コレクションや投資の対象に!? この記事を読んでみる

外国人は拝観料60バーツ!!

私たち外国人旅行者は、入口の左側で参拝するためのチケットを購入します。正直チェックしていないようなので、気付かずにそのまま入る人も多いでしょうか。

確かに一見分かりづらいかもしれませんが、やはりルールは守って参拝したいと思います。また、これもタンブンです。

 ワット・プラパトム チェディ

参拝料金は60バーツで、料金を支払うと上のチケットを貰いました。私がチケットを購入しようとすると、少し驚いた様子だったのが印象的でした。

外国人旅行者は少ないのでしょうか!? 私も2時間ほど敷地内で過ごしましたが、外国人の姿は一組しか見かけなかったのは、やはりバンコクから離れているからだと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ寺院 参拝の基本知識!! 服装やマナーとは!? 過度な露出は厳禁!! 僧侶や仏像にも注意!? この記事を読んでみる

全長300メートル!? 仏塔の回廊を歩く!!

 ワット・プラパトム チェディ

仏塔を取り囲むように回廊が作られており、その全長は300メートルもあります。この回廊の外側には全て形の異なる仏像が沢山置かれていました。

また、この回廊は僧侶の学校として使用されているようで、若い僧侶が勉強をしている姿を見ることができました。

 ワット・プラパトム チェディ

このような仏像が周囲を囲むように安置されています。何体の仏像があるのか分かりませんが、相当な数です。

一体一体違う仏像が魅力的ですが、この回廊の外側を回りながら願い事をすれば、何だか本当に叶いそうな気がします。

 ワット・プラパトム チェディ

回廊を歩いていると気になる建物を発見しました。どうやらプラパトム チェディミュージアムとかいてあります。

中を覗いてみると、どうやらナコーンパトム周辺で発見された歴史的な遺物を展示しているので、時間のある人は立ち寄ってみると良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行 失敗しないおいしいレストラン!! 5つの見分け方!? ネットの情報は信じて良いの!? この記事を読んでみる

ワット・プラパトム チェディ(Phra Pathom chedi)に行こう!!

住所:27 Tesa Rd, Tambon Phra Prathom Chedi, Mueang Nakhon Pathom, Thailand

参拝時間;9:00〜16:30

バンコクから鉄道で約1時間半、ナコーンパトム駅から徒歩10分です。駅を出ると、正面に巨大な仏塔がすでに見えるので、迷うことはありません。

タイ国内でも最も歴史の古い寺院で、聖地と呼ばれています。タイ全土から参拝者が訪れる人気の名刹です。

 ワット・プラパトム チェディ

タイ国内でも数少ない第1級王室寺院に認定されています。また、スコータイから運ばれた高さ約7mの立像に、ラーマ6世の遺骨が納まっていることも参拝者が多い理由の一つです。

このように歴史的にも重要な場所ですが、見所が沢山ある寺院なので、一度は訪れて欲しい名所だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ナコーンパトム タイ国内で一番古い町!! 行き方は鉄道!? バスやロットゥーが便利!? この記事を読んでみる

そうだタイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

バンコクからも近く、日帰りで観光できるナコーンパトム県は、近年観光地としても注目されはじめています。

外国人旅行者の姿はあまり見かけないので、完全に穴場ではないかと思います。ということで、タイ旅行の際には、是非チェックしてみると良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行 3泊4日!! 日本円でいくら持って行けば良い!? バンコク観光や予算を考える!! この記事を読んでみる

エクスペディア 航空券やホテル予約は安いの!? 評判や口コミ!? トラブルやキャンセル料は!? この記事を読んでみる