タイ『チャオプラヤー川』が「最高位の川」になった理由と歴史

タイ、バンコク市内を通る『チャオプラヤー川』は、少し前までは「メナム川」と呼ばれていました。

タイ語で「メーナーム」とは、正確には母なる水という意味ですが、一般的には「メーナーム」は川のことを意味しています。

アユタヤ時代から、このチャオプラヤー川もただの川、つまり「メーナーム」と呼ばれていました。ただの川という意味です。

なぜ『名無しの川』に名前がついたのか、ちょっと面白そうなので、調べてみました。

タイ『チャオプラヤー川』が「最高位の川」なった理由と歴史
 

チャオプラヤー川とは?

『チャオプラヤー川』Chao Phraya(タイ語:แม่น้ำเจ้าพระยา)は、タイのバンコクなどを中心に流れる河川です。

タイ国内だけを流れる川としては最も長い川です。

水源は北部の山地にあり、上流部では、東から西に「ナーン」、「ヨム」、「ワン」、「ピン」という4つの支流に分かれています。

この4つの支流のうち、最後に「ナーン川」と「ピン川」が合流するのが、バンコクから約250キロ北に位置するナコーンサワンです。

この約250キロ地点から『チャオプラヤー川』となります。

ナコーンサワンから河口までの距離は約370キロ。北部の水源からは約1200キロの長さとなります。

バンコクを中心とする中央湿地帯では、農業用あるいは運搬用にいくつもの運河が掘られました。

この中央湿地帯は世界でも有数の稲作地帯に発展します。これがチャオプラヤー・デルタ(三角州)です。

また、タイ国内の要所だけではなく、バンコクの中心地を流れることから、バンコク市内の交通の大きな要素なりました。

河岸からチャオプラヤー川を観察すると、たくさんの船が往来しています。タグボートに引かれた船や小型のタンカーも頻繁に往来しています。

チャオプラヤー川は貨物輸送面でも重要な役割を担います。

現在も、BTSタクシーン駅からノンタブリーまでの間には定期船が就航しています。1日3万人以上が利用する重要な交通手段として機能しています。

『チャオプラヤー川』が「最高位の川」なった理由

この川の名前『チャオプラヤー』はタイ語で「最高位」ということを意味します。

「チャオ」は王の意味にも使われる高貴な人物を指す言葉。「プラヤー」位を表す言葉です。この二つを合わせて「最高位」です。

タイ国内を流れる川の中で、最も重要な川という意味を込めるためだったと思われます。

ただし、このチャオプラヤーという名称は後付けであると言われています。

タイではアユタヤ王朝時代より、この川をただの川、『メナーム』と呼んできました。

少し前まで、外国人もこの川を『メナム川』と呼んでいました。日本でも少し昔の地図にはこの『メナム川』と表記されていました。

つまり、川という意味の単語の固有名詞として使っていました。日本語に訳して「川、川」という意味だったわけですね。

そうした理由から、固有名詞としての川の名称を付ける必要性が出て、最高位の川を意味する『チャオプラヤー』と名付けたと言われています。

現在では、タイ国内でも『メーナーム・チャオプラヤー』と呼ばれるようになりました。

チャオプラヤー川と『ラッタナコーシン島』

バンコクはチャオプラヤー川の河口から50キロほど遡った内陸に位置します。そして、バンコク市内に『ラッタナコーシン島』という名前の島が存在します。

ラッタナコーシンとはワット・プラケーオにあるエメラルド仏のことで、「インドラ神の宝石」という意味を表します。

現在の王朝が、ラッタナコーシン朝とも呼ばれ、由来はともに同じです。

この『ラッタナコーシン島』がどこかというと、ヤワラート通りからチャックペット通りに入る直前、ロープクルン運河とチャオプラヤー川に囲まれた一帯のことを指します。

ここが、最初にバンコクに作られた時の都の範囲で、チャオプラヤー川とロープクルン運河で囲まれた内側を島にたとえたものでした。

トンブリーに都が作られた時に、クームアンドゥーム運河が作られました。そして、都がトンブリーから移った後に、その外側を取り囲むロープクルン運河が作られました。

さらにラーマ4世の時代にはパドゥンクルンカセーム運河が作られ、ここ3つの環濠とチャオプラヤー川に囲まれた旧市街地が構築されました。

要塞都市『ラッタナコーシン島』

ラッタナコーシン島が「島」と呼ばれるようになったのは、チャオプラヤー川とロープクルン運河に沿って、バンコクの城壁が築かれたからです。

タイ族の都は、伝統的に外敵の侵入を防ぐため、城壁を築いて、その中に街を作ります。

トンブリーにもバンコクにも同じように城壁が築かれています。

この城壁は、高さ約3.6メートル、幅2.7メートル、長さは約6.6キロで、砦を14か所設けていました。

このように水路と城壁で取り囲むことによって、バンコクはアユタヤを滅ぼしたビルマ軍が再び攻め込んでくるのに備えました。

ところが、19世紀に入ってビルマがイギリスと対立を始めると、外敵を警戒する必要がなくなったため、往来に不便な城壁に多数の城門を作ることになります。

ラーマ5世の時代には、道路整備などのために、バンコクを取り囲んでいた城壁や砦そのものも撤去され、徐々になくなっていきました。

現在では、北端のプラスメーン砦と東のマハカーン砦、そして付近のごく一部の城壁が残っているに過ぎず、かつてバンコクが城壁に囲まれていた事実は、ほとんど知られていません。

それでも『ラッタナコーシン島』(コ・ラッタナコーシン)という語は今も使われ、かつてチャオプラヤー川を代表とする水路と、城壁で囲まれた要塞都市だった、バンコクの歴史を今に伝えております。

まとめ

このように名無しの川は、いつしか『チャオプラヤー川』(最高位の川)と呼ばれ、現在に至ります。

タイの歴史や文化の中で、古くは外敵を防ぐため、人々の生活を守る食料生産のため、さらには重要な交通の手段として、いろんな意味で重要な役割を果たす川。

これが『チャオプラヤー』川の名前の理由だと思います。

次回タイを訪れた際は、少し足を伸ばして、残った城壁を見に行ってみようかと思います。

う〜ん。歴史って本当に面白い。