『ベトナム』世界で1番親日な国!?の歴史とは

『ベトナム』は世界でもっとも親日な国と言われています。ベトナムの人々の親日感情は、ベトナムを行った多くの方々も感じたのではないでしょうか。

世界の世論調査機関が行う国際世論調査のデータにおいても、ベトナム人の親日の感情は明確になっています。同じ東南アジアの『フィリピン』と親日国1位を争っているという結果が出ていました。

この記事では、そんなベトナムの歴史について調べてみようと思います。これからベトナム旅行に行かれる方も、歴史を少し知っているだけでも、その国での感じ方や過ごし方が、さらに楽しくなることは間違いありません。

『ベトナム』世界で1番親日な国!?の歴史とは

ベトナムについて

ベトナム社会主義共和国、通称『ベトナム(越南)』は東南アジア、インドシナ半島東部に位置する人口約9300万人の社会主義共和制国家です。

首都はハノイ。通貨はドンです。

ベトナム戦争が始まったことで一躍世界的にも有名になりましたが、その戦争の歴史は、現代でももっとも悲惨な歴史と言ってもいいのではないでしょうか。

ベトナムの歴史に入る前に。インドシナ半島を南北に細長い現在のベトナムは、その歴史や文化が地域によって大きく異なります。

現在のベトナムは、北ベトナム(トンキン地方)、中ベトナム(アンナン地方)、南ベトナム(コーチシナ地方)の大きく3つの地域に分けることができます。

この3つの地域は人種的にも異なり、それぞれが独自の歴史を持っていました。これを前提にベトナムの歴史を調べていきたいと思います。

ベトナムの3つの地域

 ベトナム 地図
北ベトナム(トンキン地方)
 
「ハノイ」を中心都市として、トンキン湾に面した地域です。中国と接しているため、古くから中国のと関係が強く、中国の秦王朝時代より、中国の支配を受けました。
 
ベトナム人の独立への機運が高まったのは、10世紀以降でベトナム人の国家「大越国」王朝が誕生することになります。中国の支配が長かったこもあり、漢字の文化を取り入れることとなりました。
 
中部ベトナム(アンナン地方)
 
ベトナム中部の都市「フエ」を中心として、チャム人が住んでいました。彼らは後漢より独立し、日南群でインドの影響を受けた「チャンパー」と称した港市国家を形成していました。
 
15世紀には、北ベトナムの黎朝に圧迫され滅亡することとなります。
 
南ベトナム(コーチシナ地方)
 
中心都市「サイゴン」(現在のホーチミンシティ)を中心に、隣国カンボジアとともに扶南という、東南アジア最古の港市国家を形成しました。インドの影響を深く受けます。
 
7世紀頃にはクメール人のカンボジア王国に征服されます。カンボジアの支配は長く続きましたが、17世紀からのベトナム人の侵攻により、ベトナム人の阮氏がメコン・デルタ(コーチシナ)に広南国を建国します。
 
その後、1802年にベトナム全土を統一した阮福映の阮朝に併合されることとなりました。

北属期・1000年に及ぶ中国王朝の支配

ベトナムは中国の南部と接していることもあり、長きにわたり中国に支配をされることなりました。古くは秦の始皇帝の時代から、漢の武帝の時代、そして、唐が滅ぶまでの、約1000年以上にもわたります。

秦の始皇帝は、遠征軍を派遣し、北ベトナムの一帯を支配しました。そして、中国王朝の郡県制支配をうけることになります。しかし、秦の滅亡とともに独立し南越を建国します。

後漢の武帝の時代には、この南越は滅ぼされ、ベトナムは再び支配をうけます。多くの漢人の入植に対抗し、徴姉妹の反乱(チュンチャク・チュンニ姉妹の反乱)が起きます。

しかし、後漢はこの反乱を鎮圧し、直接支配を強化し抑圧を続けました。その後もたびたび反中国の農民反乱が起こりました。3世紀頃には、ヨーロッパの特使が来るなど、東西交流の活発化を背景に、中部ベトナムのチャム人が独立しチャンパーを建国しました。

魏晋南北朝時代の南朝による支配、その後の隋に続いて中国を統一した唐は、ハノイに安南都護府を置いて統治を行いました。唐が弱体化すると、中国南部にあった南詔が一時安南都護府を占領するなどの混乱が始まることになります。

ベトナム人王朝の形成

10世紀には中国の五代十国の争乱とともに、ベトナム人も独立の動きを見せます。ついにはベトナムにも安定政権、大越国の王朝、李朝が建国されました。

その後、北ベトナムには陳朝、胡朝、黎朝(後黎朝)が続きますが、元、明、清の中国統一王朝はいずれも北ベトナムへの直接支配をねらい、様々な干渉を続けることになります。

1009年に、李公蘊によって李朝大越国が建国されます。都をハノイとし、長期的な統一国家を形成しました。この李朝は1225年まで続きます。この時代より南進が始まることになります。

1225年、陳氏によって李朝は滅ぼされ、陳朝大越国が成立します。中国を支配していたモンゴル人の元が、数度にわたりベトナムに侵攻してきましたが、粘り強くこれを撃退します。しかし、最終的には服属することとなり、安南国と呼ばれるようになりました。

この度重なる支配から、民族意識が高まることとなります。この時代に漢字をもとに、漢字をベトナム語表記するための民族文字、字喃(チュノム)がつくられ、史書『大越史記』の編纂も行われることになりました。

1400年には胡朝に代わることになりましたが、1406年に明が陳朝の回復を名目に介入し、ベトナムへの遠征軍を派遣します。ベトナムはまたしても明に支配されることになりました。

この明の直接支配の中で、ベトナム人の独立心は強まり、反明闘争が続きました。この明の支配に立ち上がったのが黎利(レ=ロイ)です。

1428年にはついに独立を回復して黎朝を成立させました。しかし、独立後も明とは友好的な関係を結び、科挙の整備など、明に倣った国内政治を行います。

15世紀後半には国力も安定し、中部ベトナムのチャンパーをほろぼし、中部から南部にまで勢力を拡大するに至りました。

阮朝によるベトナム統一へ

15世紀後半の黎朝はベトナムの歴史の中でも最も安定した時代でしたが、16世紀に入り莫氏が権力を奪ったことから、長く続く内乱の時代に突入します。

権力を奪った莫氏とその奪還をめざす黎氏が争い、一時は黎氏の権力が復活しましたが、まもなく鄭氏と阮氏の対立が始まり、17世紀には北部の鄭氏、南部の阮氏が争って長期にわたって続くベトナム南北戦争が始まります。

阮氏はメコン・デルタなどカンボジア王国領にも支配を及ぼし、中部ベトナム「フエ」に、広南国という独立政権をつくります。しかし、18世紀には西山阮氏が西山党の乱を起こし、独立政権を立て、西山朝が始まりました。

その後、タイの支援を受けた広南阮氏を破り、さらにハノイの黎朝の鄭氏政権支援を口実に介入してきた中国の清朝軍を破って、1789年にはベトナムの統一を回復します

1802年には広南阮氏の生き残りだった阮福暎が、フランス人宣教師ピニョーの援助とともに、西山朝を滅ぼし、阮朝を建国。都をフエに置き、国号を越南国としました。清朝を宗主国としてベトナム統治を認められます。

また、ベトナムという国号はこの越南から由来しました。1830年代には港口国、チャンパ遺臣の自治領も支配します。これによって、現在の統一国家ベトナムの形がほぼ完成することになったのです。

まとめ

今回は、19世紀までのベトナムの歴史を調べてみました。次回の記事では19世紀半ばから現在に至るまで、統一後のベトナムの激動の歴史について、調べてみたいと思います。

パタヤ (Pattaya)がリゾート開発されたきっかけは『ベトナム戦争』!?を読む

関連記事もぜひご一読いただければ幸いです。

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

あなたの旅に最大限の可能性を。