バンコクは野良犬天国!! 注意が必要? 狂犬病の心配は!?自由に生きてるわんこたち!!

野良犬 が街じゅうを歩いています。それがタイ、バンコクです。日本でも野良猫はよく見かけますが、野良犬を見かけることはありません。

タイは本当に生き物に優しい国です。ということで、今回は、バンコクで自由に生きている野良犬について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコクのMBKセンター SIMフリー携帯電話(スマホ)やwifi購入ではぼったくりに注意!? この記事を読んでみる

バンコクは野良犬天国!! 注意が必要? 狂犬病の心配は!?自由に生きてるわんこたち!!

野良犬 自由に生きてる犬たち!!

 野良犬

タイには多くの野良犬がいます。バンコクの街中でも通りを歩いていれば、色々な場所でのんびり生活している犬たちに出会うでしょう。

交通渋滞の激しいバンコクの都心でも器用に道路を渡ります。たまに信号が青になるのを待っている犬もいます。本当に力強く生きているのです。

少し前に私が屋台でご飯を食べていると、足元に一匹の犬が座ってこちらを見ています。お腹が空いているのでしょうか。

トムヤムクンや空芯菜をあげる訳にもいかないので困ってしまいます。しかし、よく見ると首輪をしているので、もしかしたら飼い犬なのでしょうか!?

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台飯 タイの庶民の味を食べる!! 激安グルメは豊富なメニューと安定のおいしさ!! この記事を読んでみる

地域犬という考え方!?

 野良犬

屋台のおばちゃんの話では、これらの首輪をつけた野良犬は、近隣の商店や屋台の店主たちがみんなで世話をしているようです。

実は街中でのんびり生きている犬たちの多くは、地域犬という考え方の元に、このような地元のタイ人にエサを貰っているのです。

タイという国は、特に生き物の命を大切にする国です。よって、お腹が空いた犬たちにエサをあげたり、世話をすることは普通のことであり、当然のことなのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワイ (wai)タイの伝統的な挨拶とは!? 外国人はどのように合掌すれば良いのか!? この記事を読んでみる

犬たちの病気は? 狂犬病の心配は!?

 野良犬

私もよく聞く話ですが、病気は大丈夫? 特に狂犬病の心配はないのでしょうか。よくブログなので、あたかもタイで狂犬病が流行っているような記事を見かけます。

しかし、これは明らかな煽りです。ほとんど都市伝説と言って良いでしょう。ちなみに、タイで毎年狂犬病で亡くなる人の数は、実際には10人程度です。

私も1年間で10回以上タイを訪れますが、おかしな犬を見たことはありません。むしろ、日本で犬に噛まれているシーンを目撃することの方が多いでしょう。

それほどタイの犬は人間に馴れています。しかし、人間の方から過剰に近づいてはいけません。もしかしたらという可能性はゼロではないからです。

東南アジア地域における狂犬病

念のため注意が必要!!

 野良犬

狂犬病のデータを見る限りそこまで心配は要りません。しかし、100%とは言い切れない以上、最低限の注意は必要でしょう。

野良犬をいじめたり、過度に触れ合うことは絶対にやめましょう。また、狂犬病は犬だけではなく、猫やコウモリをはじめとする野生の動物もウイルスを持っています。

実際にはこういった野生の動物からの感染もあるようです。観光客が感染した話は聞いたことがありませんが、特に地方に行く人は注意しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコクを中心に電子たばこやiQOS使用による日本人の逮捕者が続出!?注意が必要!! この記事を読んでみる

野良犬に噛まれないために!!

 野良犬

私の独断と偏見です。一切の責任は負いかねますが、アジアに渡航する際、特に都市部に行く場合には狂犬病のワクチンの接種は必要ありません。時間と費用の無駄でしょう。

むしろ注意すべきは、世の男性たちが気をつけるべき夜の病気です。ここではあえて突っ込みませんが、100倍注意が必要です。

しかし、中には犬が苦手という人もいると思うので、予防としても野良犬に噛まれないためにはどうすべきかについて考えてみましょう。

過度にビクビクしない!!

基本中の基本ですが、狂犬病の恐怖みたいなことを真に受けてビクビクしないことです。動物は雰囲気から察知するので、堂々としていれば大丈夫でしょう。

基本スルーで良いと思います。都市部ではなかなか出会うことはありませんが、人間を見て吠える犬には絶対に近づかないようにしましょう。

夜中にひとけのないところに行かない!!

昼は暑いのでダラダラしていますが、夜は活発に行動します。しかも、縄張り意識の強い動物なので、人のいない場所で慣れていない犬には近づかないようにしましょう。

もし、夜中に通りに迷い込んでしまい、野良犬の群れや雰囲気を感じたら、絶対に引き返しましょう。刺激を与えてはいけません。

走って逃げない!!

走って逃げるものを追いかける本能があります。犬は本来狩猟動物です。背中を見せるのもよくありません。

ということで、これらを最低限心がけていれば、おそらく大丈夫でしょう。過度に刺激しなければ、普通は大丈夫だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

セブン犬とは? タイのコンビニにいる野良犬たちが賢い!! 本当に力強く生きている!! この記事を読んでみる

もし噛まれてしまったらどうする!?

こんな状況でも野犬に噛まれてしまったらどうすべきでしょうか? もし、近くに病院がない場合は、すぐに傷口をキレイな水で洗いましょう。

加えて、傷口を石鹸などで洗浄、消毒液があれば消毒です。そして、24時間以内に病院でワクチンを打ちましょう。狂犬病はしっかりと処置をすれば発症しないと言われています。

ちなみに、狂犬病のウイルスはかなり凶悪ですが、そこまで感染力の強いウイルスではないようです。重要なことはきちんとした知識を持つことでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイでビール・アルコール類の写真をSNSにアップすると逮捕されるというのは本当!? この記事を読んでみる

なぜ日本には野良犬がいないのか!?

今から30年以上前より野良犬たちは、野犬として狂犬病予防法第6条を根拠に保健所や動物保護センターの職員等によって保護(捕獲)、処分されてしまいました。

愛犬家の私としては悲しい限りですが、人が飼えなくなった犬たちの多くはこのように殺処分されていったのです。

そして、日本では今でも人間の身勝手でこのようにかわいそうな犬たちが実際にいることも忘れてはいけないと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Elephant Parade (エレファントパレード)美しい象の置物とすばらしい保護活動!! この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

タイは、今でも街のいたるところに野良犬がいます。のんびりしていますが、人間と共存しながら力強く生きています。

中にはとてもかわいい犬もいるでしょう。しかし、過度に近づいたり、触れ合ってはいけません。適度に距離をとって、念のため噛まれないように注意をしましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコク スワンナプームやドンムアン空港のお土産は高い!? 空港料金を知らないと損!? この記事を読んでみる

タイは野良犬がいっぱい!! 自由に力強く生きているわんこに日本人の社畜人生を重ねてみた!! この記事を読んでみる