タイでビール写真をSNSにアップすると逮捕!?

タイでビール写真をSNSにアップすると逮捕!?
 

ちょっとびっくりするニュースがタイで騒動になっているようです。ビールの写真(他のお酒含む)をSNSなどにアップして逮捕されるとのこと。

どういうこと!?って感じ。ていうかタイに行ってビール飲んだり、お酒飲んだりしたら友達と写真撮るよね!

しかも最近はみんなインスタとかFBとか絶対アップするよね!!!でもタイではそれで逮捕されることがあるらしい。。。

謎ですね。

ということでちょっと調べてみました!!!ふむふむ。そういうことね!簡単に言うと、タイではアルコール類を宣伝することは法律で禁止されてるとのこと。

法律には「いかなる者もアルコール飲料の摂取を促すような宣伝、銘柄名・ロゴの提示を直接的又は間接的に行ってはならない。」書いてあるようです。

そして違反すると・・・。

「禁錮最大1年、または罰金最大50万バーツ、若しくは禁錮・罰金の双方」

そうだったんだ。。。私も知りませんでした!そこで今何が騒動になってるかというと。

タイのビール、チャーンビールが、有名芸能人にプロモーション的な感じでSNSに写真をUPさせた疑惑があるらしい。

そう!タレントがビール瓶持ってる写真をUPしたり、セレブたちがチャーンビールを使ったパーティーやったりしてるらしい。

ステマ(ステルスマーケティング)ってやつですね。そして、これに引っかかると敵対会社のシンハービールが避難したことに警察が介入したということのようです。

ようは個人のSNSでもボトルのラベルが見える写真をアップしたら、間接的に宣伝じゃん!的なことなんですね。どうやら実際に逮捕者も出てるようです。

タレントとか影響力のある人はそうだけど、一般人まで波及するのかな?まータイのお酒事情について、知らないよりは知ってた方がいいと思うので、アップしてみました。

確かにタイはお酒に対しては日本に比べてかなり厳しい一面はあります。コンビニでもお酒を買える時間は決まってるし。

ブッダ様の日?みたいな日があって、その日は屋台でもお酒を販売しないし、飲めない。そんな日もあります。

世界にはいろんな国があって、その国ならではのルールもありますから、それを理解することも旅行の醍醐味ということですね。

勉強になりました!!!では!

人気関連記事もぜひご一読ください。

【タイ語】指さし会話帳を活用・コミュニケーションをとりましょう この記事を読んでみる