ミャンマー 2018年10月からの1年間!? 観光目的の日本人と韓国人はビザが免除に!!

ミャンマー 政府が2018年、今年の10月からの1年間、日本人と韓国人を対象に観光ビザ(査証)取得を免除すると発表しました。

今までミャンマー入国の際には、事前にビザの発給が必要でした。ということで、今回は、1年間限定ですが、ミャンマーのビザ免除について、記事にしようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスポート紛失!? 海外旅行や滞在中に無くなった!! 対処法や手続きは!? 再発行はできる!? この記事を読んでみる

ミャンマー 2018年10月からの1年間 観光目的の日本人と韓国人はビザ免除に!!

ミャンマー政府が観光ビザ免除を発表!!(2018年10月〜2019年9月)

 ミャンマー

ミャンマー政府が2018年10月〜2019年9月の一年間、観光目的で入国する日本人と韓国人に対し、限定的にビザを免除する施行措置を発表しました。

また、同じく観光目的で入国する中国人に関しても、到着時にビザが発給されますが、料金は50ドル、滞在期間30日とのことです。

そして、現時点ではビザ免除の条件として、入国時に1人1,000ドルの滞在費用を現金で所持していることが条件のようです。

しかし、ミャンマーの観光業界が「旅行者の負担が大きい」と反発したため、クレジットカード提示など、代替策を検討する方針と言われています。

追記 当初は一年間の予定でしたが、さらに一年間、期間が延長され、2020年9月30日まで有効になりました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される!! この記事を読んでみる

ロヒンギャ迫害によって激減する観光客!?

 ミャンマー

今回導入された大きな要因としては、ミャンマー国軍によるイスラム系少数民族ロヒンギャ迫害を懸念して、欧米からの旅行者が激減していることが挙げられます。

よって、欧米人の旅行者の代わりに、東アジアからの観光客を呼び込みたいという意図から観光ビザの免除に踏み切ったようです。

ミャンマーは、2011年に軍事政権から民主化(民政)に移管したことから、以前は39万人と少なかった旅行者も、17年には136万人に達しました。

元々、仏教遺跡など豊富な観光資源があり、同国政府は観光を主要な外貨獲得源と考えています。そこで、現状旅行者の割合が低い、日本と韓国に伸びしろを求めたようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ロヒンギャ問題 深刻化するアジアのユダヤ人!! ロヒンギャの悲劇とは!? この記事を読んでみる

陸路でも入国できる!?

 ミャンマー

私が20年ほど前にバックパッカーでアジアを周遊していた時には、陸路ではミャンマーに入国できませんでしたが、現在はビザを持っていれば可能とのことです。

よって、例えば隣国のタイからも陸路で入国ができます。では、今回のビザ免除に関してはどうでしょうか!?

結論から言うと、出入国が認められるのは国際空港(ヤンゴン、マンダレー、ネピドー)、国際港、タイとの陸路国境検問所となっているので、基本的には可能です。

しかし、基本的には可能でも陸路からのビザ無し入国に関しては、やはり不安なので、念のため事前に調べた方が良いでしょう。ちなみに、以前は行ける街や範囲が限定的だったと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogate オンライン旅行代理店の評判や口コミは!? 格安航空券予約でトラブルは大丈夫!? この記事を読んでみる

ミャンマーの治安は!?

 ミャンマー

先日ミャンマー在住の友人に話を聞いた所、治安はかなり安全のようです。もちろん旅行者は注意すべきですが、ヤンゴンなどの大都市では夜に一人で歩いても大丈夫とのことでした。

基本的にはミャンマー人はのんびりしていて、優しい人が多いようです。しかし、言葉の通じない旅行者は、スリやひったくりなどに狙われやすいので、念のため注意が必要でしょう。

特に東南アジアでは日本人はお金を持っていると思われています。また、体の大きい欧米人とは違い見た目でも狙われやすいことを覚えておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は!? 旅行の際に気をつけることは!? 女性の一人旅は特に注意が必要!! この記事を読んでみる

タクシーに注意!?

これは東南アジアでは常識ですが、タクシーには気をつけた方が良いでしょう。特にミャンマーのタクシーは交渉制のため、ボッタクリも多いようです。

また、最近ではタクシードライバーによる殺人や強盗、強姦事件が増加しているとの話もあります。そして、日本人駐在員の話では、タクシー禁止の企業もあるようです。

加えて、夜間に女性がタクシーに一人で乗車するのは危険なのでやめましょう。自分の身は自分で守るのが基本ですが、密室になる車内は特に注意が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクのタクシー!! タイの一般的な料金相場と乗り方は!? 注意すべき点やチップは!? この記事を読んでみる

ミャンマーはアジア最後の楽園!?

 ミャンマー

近年、ミャンマーには多くの日系企業が進出しています。元来、信仰心が厚い仏教徒が多く、真面目で、私たち外国人にも優しい国民性が特長です。

また、物価や賃金も安く、開発の余地やビジネスチャンスも沢山あるでしょう。よって、時にはアジア最後の楽園と呼ばれることもあります。

最近は日本からの直行便も飛んでいるので、以前より格段にアクセスが良くなりました。このタイミングでビザが免除なので、積極的に利用すべきと言えるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Surprice! (サプライス)口コミや評判の良い航空券予約サイト!! クーポンやキャッシュバックも魅力!! この記事を読んでみる

アジア旅行の航空券やホテルはTrip.comがおすすめ!?

最近急速にシェアを拡大している予約サイトにTrip.com(トリップドットコム)があり、スカイスキャナーの航空券検索でも安い上位に表示されています。

元々、中華圏や香港、台湾などのホテル予約には定評がありましたが、今後は航空券の予約にも力を発揮しそうです。

また、海外の予約サイトに不安を感じる人は、日本の大手代理店HISが運営しているSurprice!(サプライス)が安さやサービスに定評があります。合わせてチェックしてみると良いでしょう。

<人気の予約サイト Trip.com(トリップドットコム)はこちらからどうぞ!!>

Trip.com(トリップドットコム)

海外オプショナルツアー予約はタビナカ!!

海外旅行のオプショナルツアーではタビナカ が人気です。世界200都市、6,000以上のツアーを掲載、全てのツアーに日本語ガイドが同行という安心のサービスがとても魅力的でしょう。

特に東南アジアではタイ国内の遺跡を巡るツアー、バリ島やセブ島の自社ツアーは評判が良く、信頼度も高いです。それでは、海外でツアーを探している人は、是非チェックしてみましょう。

<タビナカ お得なオプショナルツアー予約はこちらからどうぞ>

全ツアーが日本語ガイド対応!海外ツアーならタビナカ

さいごに

 ミャンマー

今回のビザ免除によって、ミャンマーを訪れる日本人は増加するでしょう。しかし、基本的には治安の悪い国ではなさそうですが、念のため注意は必要です。

現在でもロヒンギャとミャンマー国軍の衝突は続いています。また、地域によっては外国人の入れない場所もあるので、渡航の際は事前にチェックした方が良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travel2be 旅行予約サイトの評判や口コミは!? 格安航空券を購入する際は注意が必要!! この記事を読んでみる

Travelgenio オンライン旅行代理店の口コミは!? トラブル続出!? 購入の際には注意が必要!! この記事を読んでみる