ミャンマー 2018年10月からの1年間は観光目的の日本人と韓国人はビザ免除に!!!

ミャンマー 政府が今年の10月からの1年間、日本人と韓国人を対象に観光ビザ(査証)取得を免除すると発表しました。

今までミャンマーに入国するには、事前にビザの発給を受けなくてはいけませんでした。ということで、今回は一時的ですが、このビザの免除について、記事にしようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスポートを紛失!? 海外旅行中、滞在中にパスポートがなくなったらどうすればいいの? この記事を読んでみる

ミャンマー 2018年10月からの1年間 観光目的の日本人と韓国人はビザ免除に!!!

ミャンマー政府 ビザを免除(2018年10月〜2019年9月)

 ミャンマー

今回導入されるビザの免除では、日本人と韓国人が観光目的で入国する場合に、免除されることになります。またこれは1年間という期間の試行措置です。

また、中国人に関しては、観光目的で国際空港で入国する場合、到着時にビザを発給します。料金は50ドル、滞在期間30日とのことです。

10月頃からミャンマーはちょうど乾期に入り、旅行シーズンに突入することもあり、今回導入されるタイミングとなりました。

そして、現時点ではビザ免除の条件として、入国時に1人1000ドルの滞在費用の現金を所持するよう求めています。

しかし、観光業界が「なお観光客の負担が大きい」と反発したため、クレジットカード提示などの代替策を検討する方針のようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される この記事を読んでみる

ロヒンギャ迫害によって激減する観光客

 ミャンマー

今回導入された大きな要因としては、ミャンマー国軍によるイスラム系少数民族ロヒンギャ迫害を懸念して、欧米からの観光客が急減していることが挙げられます。

よって、欧米人の観光客の代わりに、東アジアからの観光客を呼び込みたいという意図から観光ビザの免除に踏み切りました。

2011年に軍事政権から民生に移管したことから、以前は旅行者は39万人でしたが、17年には136万人に達しました。

元々、ミャンマーには仏教遺跡など豊富な観光資源があり、同国政府は観光を主要な外貨獲得源と考えています。

そこで、現在ミャンマーを訪れる観光客の割合では、日本人と韓国人は低いことから、伸びる余地が大きいとミャンマー政府は判断したようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ロヒンギャ問題とは!? 深刻化するアジアのユダヤ人・ロヒンギャの悲劇 この記事を読んでみる

ミャンマーは陸路でも入国できる!?

 ミャンマー

私の記憶では、少し前までは陸路でミャンマーに入国することはできないというイメージでしたが、現在ではビザを持っていれば可能なようです。

例えば隣国タイからミャンマーに陸路入国も可能ということです。そして、今回のビザ免除に関してはどうでしょうか?

出入国を認めるのは国際空港(ヤンゴン、マンダレー、ネピドー)、国際港、タイとの陸路国境検問所となっているので、基本的には可能なようです。

しかし、陸路からのビザない入国については不安なので、行かれる方は調べたほうがいいでしょう。以前は行ける街や範囲が限定されるような感じだったと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogateというオンライン旅行代理店の評判は!?格安航空券を購入しよう この記事を読んでみる

ミャンマーの治安は?

 ミャンマー

先日ミャンマー在住の友人に話を聞いた所、いたって安全とのことです。観光客は別でしょうが、ヤンゴンなどの大都市は普通に夜に一人で歩いていても平気とのことでした。

基本的にはミャンマー人はのんびりしていて、優しい人が多いようです。しかし、ことばのわからない観光客はスリやひったくりなどに狙われやすいので、注意が必要でしょう。

特に日本人はお金持ちというイメージです。また、体の大きい欧米人とは違いさらに狙われやすいので、心得ておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう この記事を読んでみる

タクシーに注意!?

これはもはや東南アジアではお決まりですが、タクシーには注意が必要です。ミャンマーのタクシーは交渉制のため、ぼったくりも多いようです。

また、最近では、タクシードライバーによる殺人や、強盗、強姦事件が増加しているとの話もあります。日本人駐在員の話では、タクシー禁止の企業もあるようです。

そして、これもお決まりですが、夜間の女性のタクシー乗車は危険です。自分の身は自分で守るのが鉄則です。必ず注意しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコクのタクシー事情 タクシーを選んで乗ろう、運賃や乗り方、注意点は!? この記事を読んでみる

ミャンマーはアジア最後の楽園?

 ミャンマー

近年、ミャンマーに進出する日本企業もたくさんあります。元来、信仰心が厚い仏教徒が多く、真面目で 日本人などの外国人にも優しい人たちが多い国です。

また、物価や賃金も安く、ビジネスチャンス、開発の可能性が高いこともあり、アジア最後の楽園と呼ばれることもあります。

日本からも、少し前より直航便も飛んでいるので、とてもアクセスしやすくなりました。このように日本との距離もとても近くなっています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

電子たばこ(iQOSなど)タイは持ち込み禁止、他に持ち込めない国は!? 2018年最新情報 この記事を読んでみる

海外航空券予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

 ミャンマー

今回のビザ免除によって、ミャンマーを訪れる日本人は増加するでしょう。そして、そこまで治安の悪い国ではなさそうですが、念のため注意は必要です。

現在でもロヒンギャとミャンマー国軍が度々衝突しています。また、地域によっては外国人の入れない場所もあります。渡航の際は、是非下調べをして行くことをおすすめします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travelgenioというオンライン旅行代理店で航空券を購入する方は注意が必要です この記事を読んでみる

Travel2beという旅行予約サイトの評判は? 航空券を購入する際は注意が必要かもしれません この記事を読んでみる