パスポートを紛失!? 海外旅行中、滞在中にパスポートがなくなったらどうすればいいの?

パスポート を紛失してしまった、または、パスポートを盗まれてしまった!? 実際にこんな経験をした方は少ないかもしれません。

しかし、可能性としてはないとは限りません。ということで、今回は、海外渡航先でパスポートを紛失してしまった場合、どうすればいいのかについて、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスポートの更新・神奈川県 残存期間に注意? 戸籍謄本と住民票は不要!? 7日間で受け取りが可能 この記事を読んでみる

パスポートを紛失!? 海外旅行中、滞在中にパスポートがなくなったらどうすればいいの?

パスポート紛失・盗難にあったら

海外渡航先でパスポートを失くしてしまったらどうすればいいでしょうか?考えただけでもぞっとしますが、実際にないとは言えません。

私の友人もその昔、渡航先でパスポートの入ったバッグを盗難されたことがあります。また、ホテルのセキュリティーボックスから現金が盗まれたという話を聞いたこともあります。

そして、日本のパスポートは、世界で1番高く売れるといった話を聞いたこともあります。このように、海外では、日本ではありえないようなことも起きるのです。

それでは、万が一パスポートを紛失してしまったら、どうすればいいのでしょうか? もしものことも考えて、調べてみることにしました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 夏休み・お盆休みの航空券まだ予約してないの!?海外旅行は今すぐチェックしよう!!! この記事を読んでみる

すぐに現地の警察署に行きましょう

まずは、現地の警察署に行って、パスポートを紛失した証明書を作成してもらいます。街の大小にもよりますが、必ず警察署があるはずです。

警察署でポリスレポート(パスポートを紛失した証明書)を作成してもらうことが第1です。現地の言葉がわからなくても、パスポート、ロストなどの簡単な英語で通じるはずです。

大使館で新しいパスポートを発行するために必ず必要になります。パスポートがないことが判明したら、できるだけすぐに行きましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エクスペディア(Expedia)の航空券+ホテルのパッケージツアーが激安で便利すぎました この記事を読んでみる

在日本大使館に行きます

 パスポート

ポリスレポートを取得したら、日本大使館へ行き「紛失一般旅券等届出書」を作成、申請します。ちなみに、この手続きは、パスポートを紛失した本人が窓口に行かなくてはいけません

その際に必要なものは、ポリスレポート、写真(縦45mm×横35mm)1枚、免許証などの身分確認ができるものです。

事前にパプポートのコピーを持っていると便利かもしれません。また、紛失したパスポートが悪用される可能性もあります。こちらもできる限り早く届け出た方がいいでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される この記事を読んでみる

パスポートを紛失した時の2つの選択肢

 パスポート

渡航書を申請する

渡航書発給申請書を記入、申請します。これは、日本に帰るために一時的にパスポートの代わりになるものです。通常1週間から10日間の期限があります。

渡航書の申請には、写真(縦45mm×横35mm)1枚、戸籍謄本が必要になりますが、海外で戸籍謄本も持っている可能性は低いので、免許証などの身分証で代用できます。

また、日本へ帰国する意思を確認するため、航空券の帰りのチケットや日程表のコピーが必要になる場合もあります。

パスポートを発行する

日本大使館にて、新しいパスポートの発行手続きを行いましょう。基本的に、日本で行う手続きと同様です。パスポートの再発行には、以下の物が必要になります。

ポリスレポート、紛失一般旅券等届出書、一般旅券発給申請書1枚(大使館窓口にあります)、写真(縦45mm×横35mm)1枚、戸籍謄本、戸籍抄本1枚です。

また、パスポートの申請後、発行まで1週間ほど期間がかかります。滞在期間に合わせて、発行するのかを決めるといいでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

JALカード 旅行好きが持つべきクレジットカード CLUB-Aカードでマイルを貯めよう この記事を読んでみる

パスポートの管理を徹底しましょう

思いがけずパスポートを紛失、盗難にあった場合は仕方がありませんが、旅行先では、パスポートはセーフティーボックスに入れるなど、管理を徹底しましょう。

また、海外旅行中に、パスポートを持ち歩かない、もしくは、コピーを携帯してるという方も多いようです。

しかし、実際には、現地で何かトラブルにあった時にはコピーでは対応できないこともあります。基本的にパスポートは常に持ち歩くようにしましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスポートを持ち歩こう タイで不良外国人の取り締まり強化!?トラブルを防止しよう この記事を読んでみる

航空券予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

パスポートが無くなるなんて事は考えたくありませんが、もし、紛失した場合には、冷静に対処しましょう。基本的に何とかなるものです。

また、日本にいる時にも、身分証として利用している人も多いようです。紛失することのないように、管理を徹底しておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travelgenioというオンライン旅行代理店で航空券を購入する方は注意が必要です この記事を読んでみる

Travel2beという旅行予約サイトの評判は? 航空券を購入する際は注意が必要かもしれません この記事を読んでみる