2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう

治安は良いの? タイ旅行だけではなく、海外旅行では、その渡航先の安全というものは、とても重要な事でしょう。

外務省のウェブサイトでも、世界各国の安全情報を参考にする事ができます。という事で、今回は、タイ旅行の気になる治安について、記事にしてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

交通事故 死者418人 2018年ソンクラーン(水かけ祭り)連休中の1週間はやはり危険だった この記事を読んでみる

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう

タイの治安は良いの? 悪いの!?

 治安

タイの治安についてですが、結果から言うと、バンコクを中心としたタイ中部は、比較的安全と言えるでしょう。

しかし、イスラム色の強いタイの深南部(パッターニー県・ヤラー県・ナラーティワート県)と言われる地域は、とても危険です。

マレーシアとの国境に近いエリアですが、古くから独立運動が盛んなこともあり、2004年以降に大小1万6,000件以上のテロが起きています。

このように地域によって、大きな差はありますが、比較的観光で訪れるエリアでは、安全と言っていいのではないでしょうか?

外務省 海外安全ホームページ

<関連記事はこちらからどうぞ>

イスラム武装勢力 特にタイ南部(イスラム圏)を訪れる方はテロに注意が必要です この記事を読んでみる

微笑みの国タイ

 治安

私も年間ではかなりの日数をタイで過ごしますが、危険な目にあったことはありません。熱心な仏教徒の国で、タイは本当に親切な人が多いという印象を受けます。

しかし、その反面、内側にはとてもプライドが高く激情型な一面も持っています。もちろん人にもよりますが、特に強い女性が多いのも事実でしょう。

人によっては、そういう一面もありますが、基本的には、のんびりしていて、小さいことは気にしない「マイペンライ精神」の根づいた国と言えるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年版 日本人男性がタイでモテるための5つの条件とは!?【保存版】 この記事を読んでみる

タイ旅行の際の注意点は?

 治安

近年では、日本人観光客が巻き込まれた大きな事件は起きていないと思います。しかし、交通事故では邦人が亡くなったケースもありました。

また、現在のタイは、政権が安定していません。2010年にはバンコク都内で、政治的な衝突が起き、日本人カメラマンが死亡した事例もあります。

反政府デモ隊に対し、軍が発砲し、2,000人以上の死傷者を出す悲劇も起きています。タイで気をつけるべきこととして、大きく2つの要因を覚えておきましょう。

イスラム過激派の動向政治的な対立です。この2つはタイに内在している危険な部分であり、治安に関わる事情と言えるでしょう。

気をつけるべきは軽犯罪?

 治安

それでは、2018円現在、タイで気をつけるべきは、小さな犯罪です。特にスリなどの窃盗、詐欺やぼったくりなどです。

観光客が巻き込まれる事件のほとんどがこのような軽犯罪です。繁華街で財布をスラれたり、宝石詐欺などは今でも起きています。

特に人の集まるところには、このようなスリも潜んでいます。観光スポットでは怪しい日本語で話しかけてくる詐欺集団もいます。

また、レディボーイによる抱きつきスリなどの被害も発生しています。歓楽街でお酒の出る場所でのトラブルも多く、酔った日本人は、時に格好のターゲットになるので注意しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

レディボーイによる事件が多発!? タイのニューハーフに注意が必要かもしれない この記事を読んでみる

海外で笑顔で話しかけてくる人には注意

 治安

海外旅行の常識ですが、海外で向こうから笑顔で話しかけてくる現地人は、100%疑っていいでしょう。

特に多いのは空港で声をかけてくるタクシー、繁華街でいかがわしいお店のキャッチ、観光スポットでの詐欺集団です。

タダや安いといったセリフのほとんどがぼったくりだと思った方がいいでしょう。もちろん中にはとても親切で優良なお店やサービスもあります。

しかし、予防といった観点から見ても、君子危うきに近寄らずです。また、日本語で話しかけてくる現地人には、特に注意が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トゥクトゥク詐欺!? バンコクでトゥクトゥクに連れて行かれるお店はぼったくりなのか検証してみた この記事を読んでみる

女性の1人旅は注意が必要

 治安

海外で起きる事件として多いものに、日本人女性が巻き込まれる事例があります。最近でも留学生や1人旅の女性が悲惨な被害にあったニュースを日本でも見かけます。

タイでは、日本人が巻き込まれる殺人はあまり聞きませんが、実際は、日本と比べて約10倍ほどの殺人事件が起きています。

これは、世界の中で日本が安全すぎるというのが正しいかもしれません。タイも体感するには安全だと思います。

しかし、よく言われる話ですが、特に日本人女性は、深夜に1人で出歩かないこと、タクシーなどに乗車しないこと、飲みすぎないことは常識です。

日本人女性のバックパッカーも多いと思いますが、自分の身は自分で守らなくてはなりません。最低限の注意は、常に心がけるようにしましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイで英語は通じるのか!? 2017年 気になることばの問題について考えてみた この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

結果的には、一部地域を除いて、タイは治安も良く、安心して旅行に行くことができるでしょう。しかし、あくまで日本語の通じない海外です。

最低限の注意は必要です。また、旅の雰囲気からハメを外して、痛い目にあうこともあります。楽しむことはいいことですが、やりすぎには注意しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

JALカード 旅行好きが持つべきクレジットカード CLUB-Aカードでマイルを貯めよう この記事を読んでみる

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる