パスポートの更新・神奈川県 残存期間に注意? 戸籍謄本と住民票は不要!? 7日間で受け取りが可能

パスポートの更新です。一応約5か月の残存期間があったのですが、ちょうど仕事が落ち着いている期間ということもあり、申請、受け取りに行ってきました。

更新手続きの際に、戸籍謄本が不要でした、そして、7日間で発行、受け取りができました。ということで、今回は、パスポートの更新について、記事にしようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

JALカード 旅行好きが持つべきクレジットカード CLUB-Aカードでマイルを貯めよう この記事を読んでみる

パスポートの更新・神奈川県 残存期間に注意? 戸籍謄本と住民票は不要!? 7日間で受け取りが可能

パスポートの更新に行ってきました

 パスポート

今回、パスポートの残っている期間が5か月を切ったため、更新することにしました。ちなみに海外渡航の際に、パスポートの残りの期間によっては、入国ができない国があります。

私が毎月出張に行っているタイも基本的には、パスポートの残りが6か月以上ないと入国できないとされています。

特にアジアの国々では、入国時に6か月以上の期間がない場合に、入国を拒否されることもある?という話です。これから渡航される方は、注意が必要でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される この記事を読んでみる

残存期限が6か月未満でもタイに入国できました

 パスポート

前回の出張のタイミングですが、実はパスポートの残りが6か月未満でした。これは世間一般で聞く、6か月以上ルールが適用されたら入国できない?と思われました。

しかし、実際は入国できました。私のタイ滞在期間が4日間だったからでしょうか?もちろん、入国審査で止められた時のために、帰りの航空券や日程も説明できるようにはしておきました。

タイに限っては、この6か月ルールには諸説あります。ビザなしで、30日以内の観光目的でタイに入国する場合には、有効期限は必ずしも6か月必要ないという話もあります。

すなわち、帰国時まで有効なパスポートであればよいとのことです。実際に私も6か月を切っていましたが、普通に入国できました。

もちろんこれには、帰国の日程がはっきりわかるような往復航空券などが必要になるでしょう。また、航空会社によっては、搭乗を拒否されるという話もあります。

あくまで、正式には残存期間が6か月以上と考えておいた方が良いことは、間違いありませんが、実際には入国できましたので、これについては、曖昧な部分もあるようです。

<世界のパスポート 有効期間の国別リスト>

空港で出国できないことも!?気を付けたいパスポートの残存有効期間 スカイスキャナーより

戸籍謄本、住民票は不要だった

 パスポート

パスポートの更新の際に、本籍地や住所のわかるものが必要かと思ったのですが、前に申請したパスポートに変更がない場合は不要です。

私も間違えて、区役所に取りに行くところでした。調べて良かったです。しかし、結婚で苗字が変わった、本籍地が変更になった場合には必要です。

住民票の写しも、住民登録をしていない都道府県でのパスポート申請時以外は不要です。ということで、必要なものは、今持っているパスポート写真だけです。

そして、受け取りの際には、10年パスポートで16,000円の収入証紙・印紙、5年の場合は11,000円がかかります。ちなみに大人の場合です。

神奈川県 パスポートセンター公式サイト

受け取りまで7日間しかかからない!?

 パスポート

私のイメージでは、パスポートの申請から受け取りまで3週間くらいかかった記憶があったのですが、現在では7日間です。私の記憶は何だったのでしょう?

実際は、わずか1週間で新しいパスポートを受け取る事ができました。また、受け取りに関しては、日曜日でも可能との事です。

平日に忙しい会社員でも安心でしょう。しかし、受け取りは可能ですが、申請に関しては、日曜日はできないようです。

また、日曜日の受け取りは、各県の窓口によって異なる可能性もあります。予め受け取りの窓口に確認した方がいいでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Trip.com・Ctripのグループ会社を使って、2018年の航空券を実際に予約してみた この記事を読んでみる

パスポートセンターの写真撮影料金が高い

 パスポート

パスポートセンターには、提携している? 写真店があります。通常どこにでもあるようなスピード写真機では、700〜800円程度でパスポート用写真を撮ることができます。

しかし、パスポートセンターの写真店では、カラー写真で2,000円以上!?したので驚きました。とても高いので、事前に用意しておくことをおすすめします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

JAL 2017年版 JMBサファイア会員のメリット・限定サービスは!? サファイア会員は最高です この記事を読んでみる

パスポートの申請書類は簡単?

パスポート申請書(一般旅券発給申請書)の書き方は簡単でした。見本もあります。また、パスポートセンターの方が丁寧に教えてくれます。

私も記入漏れがあるかわからなかったので、スタッフの方に聞いたところ、とても親切に教えてくれました。加えて、チェックもしてくれました。

書類に記入をすれば、窓口に書類と手持ちのパスポート、写真を提出しましょう。あとは、パスポート受け取りに必要な書類をもらって終了でした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

国際線航空券の名前の入力を間違えてしまった 名前の前後が逆?スペルが違っていた!? この記事を読んでみる

格安航空券の予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

 パスポート

パスポートの申請、受け取りなど手続きに関しては、とてもスピーディーでした。しかし、パスポートの申請にかかる料金が10年で16,000円はやはり高いと思います。

少しでも節約するために、不要な書類を把握しましょう。また、写真は安く撮ることもできます。そして、海外旅行の際には、念のため有効残存期間を確認した方がいいかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

tripstaの評判は? 海外航空券が爆安!? 最終的な料金には注意・確認が必要です この記事を読んでみる

Travel2beという旅行予約サイトの評判は? 航空券を購入する際は注意が必要かもしれません この記事を読んでみる