パタヤ (Pattaya)がリゾート開発されたきっかけは『ベトナム戦争』!?

バンコクからスクンビット通り(国道3号線)を南東へ150キロほど下ると、タイを代表する海浜リゾート「 パタヤ 」に到着します。

現在では、たいへん賑やかなパタヤですが、実は『ベトナム戦争』がきっかけで発展した街としてはあまり知られていません。この記事ではそんなパタヤの歴史について調べてみようと思います。

ベトナム戦争がきっかけで発展したリゾート地 パッタヤー (Pattaya)

パタヤ(Pattaya)
 
パッタヤー (พัทยา) またはパタヤは、バンコクから南東に約160キロほど、チョンブリー県内にある特別市です。
 
バンコクからもっとも近いビーチリゾートで、マリンスポーツなどのアクティビティでも有名です。
 
しかし近年では、たいへん有名な『ウォーキングストリート』など、ナイトライフを求めて訪れる観光客が増えたことによりタイ最大の海浜リゾートにまで発展しました。
 
タイ最大の海浜リゾートへ
 
 パタヤ リゾート開発
 パタヤは1950年代くらいまでは、小さな漁村に過ぎなかったため、観光には無縁でした。
 
しかし、1960年代半ばくらいから、『ベトナム戦争』によって、アメリカ軍がラヨーン県にあった空軍基地・ウータパオを使うようになったことで、米軍がパタヤを保養地として使うようになり、開発がスタートすることになりました。
 
こうして、米軍を相手にする宿泊施設や商店などのが相次いで流入することとなりました。前線から一時休養に来る米兵たちの保養・娯楽地として、急ピッチで発展していくことになります。
 
その後、バンコクから近いこともあって、ウータパオからの米軍の保養だけではなく、バンコクからの観光客も少しづつ増え始めます。
 
そして、当時タイで最大であったホアヒンを抜いて、新しくタイ最大の海浜リゾートになりました。しかし、一時期のパタヤは、ベトナム戦争の終結によって、恐慌に見舞われることとなります。
 
近年では、ヨーロッパなどの観光客の増加によって息を吹き返し、日本を含むアジア各国を中心に、現在では中国や韓国などの観光客も増加しています。
 
 
パッタヤー特別市へ
 
1976年には「パッタヤー特別市法」が成立することになります。これは急速に発展していった結果、観光客の集中から海の汚染や公害問題など、従来の行政システムでは対応できない問題が生じたためです。
 
特別市法の成立とともに、パタヤの開発はさらに進むこととなります。北のナークルアから南のチョームティエンまで市街地が拡大するとともに、娯楽施設も増えていくこととなりました。
 
現在のような快楽産業もこうして発展していくことになったのです。
 
しかし、急激な観光客の増加に伴って、リゾート開発が進むと同時に、環境問題が深刻化することとなります。
 
以前は綺麗だったビーチも、現在ではゴミや汚れが目立つようになり、水質汚濁、海の汚染や公害などの重要な問題に直面しています。
 
また、快楽産業の発展に伴って、暴力団などの犯罪も増えるようになります。こうした結果、2004年には、パタヤの地方紙に地元警察当局による暴力団一掃作戦が宣言されることとなりました。

 パタヤ への行き方

タクシーを利用する

バンコク市内(空港含む)からタクシーを利用する場合は、パブリックタクシーを利用する方が多いと思います。「パッタヤー」といえば通じます。所要時間は2時間程度です。

ちなみにタイのタクシードライバーにホテル名を伝えても、ほとんどわかりません。携帯電話の写真など、見やすい地図で場所を把握しておく。もしくはホテルの近くの大きな通り(soi)の名前を覚えておきましょう。

料金はほとんどの場合1500バーツ程度(約5000円*高速料金含む)でしょう。基本的に交渉になります。

リムジンタクシーを利用する場合は、空港ではカウンターで行き先を告げます。基本的高いです。2500バーツ程度かかります。

個人的におすすめはタイコールタクシーの利用です。あらかじめインターネットから予約すれば、空港やホテルでピックアップしてくれます。パタヤまで1500バーツです。料金は固定ですから安心できます。

以前、タイコールタクシー(Thai Call Taxi)について記事にしてありますので、こちらをご参照ください。

タイコールタクシー(Thai Call Taxi)の予約方法の記事を読む

バスを利用する

BTSエカマイ(Ekkamai)駅にバスターミナルがあります。ここからバスを利用することができます。2番出口を出ればすぐです。

チケットカウンターにて、パタヤ行きのチケットを購入します。確か108バーツだったと思います。バスの乗り心地はまずまずです。時間に余裕のある方はおすすめかもしれません。

パタヤでは市内から少し離れたノースバスターミナル(North Bus Terminal)に到着しますので、ここから、ソンテウ、もしくはタクシーに乗り換えて滞在先に向かいましょう。約150バーツ前後で、パタヤ市内の宿泊先であれば到着できると思います。

スワナプーム国際空港からバスを利用する

スワナプーム国際空港からバスが出ております。料金は122バーツ。空港の1階のチケットカウンターにてパタヤ行きチケット購入。1時間に1本のペースで運行しております。

エカマイ発と到着地が違いますので、注意が必要ですが、結果的にはタクシーに乗り換えることになります。料金は上と同じく150バーツ前後と考えておきましょう。

まとめ
 
今では人気の観光地『パタヤ』は、こうして戦争とともに発展することとなりました。ある意味日本も朝鮮特需など、戦争によって経済が発展した経緯から見ると、少なからず共通点があることに気づきます。
 
また、パタヤに行く機会があったら、今回は歴史をめぐる旅にしてみたいと思います。
 
 
以前の記事、パタヤで絶対宿泊したいホテルをご紹介しております。こちらも合わせてご一読ください。よろしくお願いします。