シーロム・サラデーンの老舗タイマッサージ店『サバイ・タイマッサージ』

10月26日、プミポン前国王のご葬儀の日です。いつもはやっているはずの屋台、食堂、レストラン、タイマッサージ屋さん、ついには24時間営業のコンビニまで閉店しておりました。

関連記事エントリーをご一読ください。

2017年10月 プミポン国王・本葬儀について タイを訪れる旅行者の注意点は この記事を読んでみる

2017年10月26日【バンコク】のセブンイレブンが閉店していました この記事を読んでみる

こういう日はホテルでじっとしてる方がいいのかとも思ったのですが、やはりタイにいますから、1日の日課でもあるタイサッサージにはどうしても行きたい。

ということで、今回の宿泊地シーロムエリアを散策してみました。

サラデーンの老舗タイマッサージ店『サバイ・タイマッサージ』

 サバイ

そんな中、サラデーンの駅周辺、シーロムロードを歩いていると、一筋のネオンが光っています。もしや・・・やっているマッサージ屋さんがあるではないですか。やはりここはタイです。

行政からお休みにするように指導が入っているようですが、そうはいってもやっているマッサージ屋さんがあるではないですか。しかも横並びに2軒やってます。

砂漠でオアシスを発見した時の喜びはこんな感じでしょうか。少し大げさでしたかね。しかし、私にはそれくらいの喜びでした。

ということで入り口にいたお兄さんが笑顔で迎えてくれたので、左のパープルのタイマッサージ屋さんに入ることにしました。

タイマッサージとは

そもそもですが、日本でも最近ちらほら見かけるタイマッサージとは、どういうマッサージなのでしょうか

関連記事エントリーをご一読ください。

【バンコク】『ワット・ポー』の中になぜタイマッサージ講習所があるの? この記事を読んでみる

上の記事に詳しく解説してあるのですが、本来タイマッサージは、タイの伝統医学です。タイでは古くから農村部にマッサージ師がおり、体の痛みを抱える人にマッサージを施すことでケアしてきました。

このマッサージは、体の中を無数に走っているといわれている目に見えない「セン(筋)」を加圧するもので、現在でも農村部で医療行為として施されています。

このようにまさに西洋医学に対して、東洋医学と呼べるマッサージは、体をマッサージすることで筋肉や血流を刺激することを医術としてきたのですね。

『サバイ・タイマッサージ(Sabai Thai Massage)』

住所:Si Lom, Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 Thailand

営業時間:10:00〜22:00

お店のFacebookがありましたので、貼っておきます。

https://m.facebook.com/pages/Sabai-Thai-Massage-Silom/122091027965905

場所はサラデーン駅徒歩1分。サラデーン駅3番出口を出てシーロム通りをMRTシーロム方面に向かえばすぐです。

メニューは記事上部の写真のように看板に日本語で表記されています。ご確認してみてください。ちなみに私は安定のフットマッサージ250バーツを選びます。

失敗しない気持ちいいフットマッサージ

ここでタイでのタイマッサージ初心者の方へ。ちなみに私はタイマッサージ中級者くらいです。今までに500回以上は受けましたからね。1000回受ければ上級者の仲間入りですかね。

そんな私が考えるに、タイマッサージ屋さんで基本的に失敗が少ないのはフットマッサージです。タイマッサージ全身(トラディショナル)は当たり外れがあります。

そして、オイルマッサージやアロマ、スクラブなどはさらに当たりはずれがあります。オイル系に関しては極端に言うと「安かろう悪かろう」です。

ということでフットマッサージをお願いします。1時間です。タイ語で「1チュモン」ですね。やはり安定のフットマッサージ、ちょうどいい感じです。まさに店名の通り、「サバーイ」です。

『トークセン』というマッサージが有名!?

ここサバイ・マッサージさんは『トークセン』という木槌のようなものでツボを打って刺激するマッサージが有名のようです。

マッサージのお姉さんと少し話していたら、夜に行ったため「今日はもうすぐ閉店だけど、次回はトークセンがサバーイ(気持ちいい)で有名だからまた来てね」と言ってました。さすがにご葬儀当日なので少し早く閉めるようです。

たくさんの日本人がトークセンを受けに来るようです。もともと日本人が非常に多いサラデーンですから、そういう情報が日本でも有名なんですかね?

せっかくなので、次回はぜひトライしてみたいと思います。ということで、とても親切なマッサージのお姉さんの写真を撮らせていただきました。

マッサージ難民だった私には「白衣の天使」ならぬ「黒衣とマスクの天使」でした。オープンしていて本当にありがとう。

まとめ

プミポン前国王は、タイ国民が本当に父親のように愛した国王でしたから、これだけ周りのお店がお休みしている中で、やっているマッサージ屋さんに、ある意味でのタイ人のガッツと強さを感じました。

何より本当に気持ちよくていいお店でした。ぜひシーロムエリア、サラデーンに滞在する方は一度行ってみてください。本当にいいお店でした。

人気関連記事、こちらも合わせてご一読ください。

【完全版】『タイ』 バンコク 旅行の旅費は?航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました。 この記事を読んでみる