禁酒日!? 2018年3月1日 タイは万仏節(マーカブーチャー)お酒類の販売は禁止です

禁酒日?お酒を買えない!?タイでは、1年のうちに何日間かアルコール類の販売が禁止される日があります。せっかくのタイ旅行なのに、お酒を飲むことができないのは辛すぎます。

ということで、今回は、あらかじめ知っておきたい、タイでお酒の販売が禁止されている日について、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

12月5日プミポン国王生誕日(父の日)・2018年タイの祝日は? この記事を読んでみる

禁酒日!? 2018年3月1日 タイは万仏節(マーカブーチャー)お酒類の販売は禁止です

2018年3月1日マーカブーチャは禁酒日

 禁酒日

3月1日は、万仏節(マーカブーチャ)のため、禁酒日となります。タイ全土で、お酒を購入することができません。仏教の祝日です。

観光で訪れている方は、お酒類の販売が禁止されますので、注意が必要です。今のうちに購入にておきましょう。

タイはお酒を買えない日がある!?

 禁酒日

タイには、1年に何日間かお酒類の販売が禁止される日があります。これらは、主に仏教に関わる日です。タイは、国民の大多数が仏教徒です。

熱心な仏教徒が多い国であり、仏教にちなんだ祝日は禁酒日とされ、アルコール類の販売も禁止されるのです。

禁酒日にアルコール類の販売を行うと「罰金1万バーツ、または禁固6ヶ月」の罰則が販売責任者に課されることになります。よって、お酒類を販売するお店は基本的にありません。

2018年の禁酒日は!?

せっかくのタイ旅行で、お酒が飲めないなんて厳しすぎます。ということで、禁酒日をあらかじめ知っておきましょう。2018年の禁酒日は、以下の日程になります。

3月1日(木) マカブーチャ(万仏節)-アルコール販売禁止-

5月29日(火) ヴィサカブーチャ(仏誕節)-アルコール販売禁止-

7月27日(金) アサラハブーチャ(三宝節)-アルコール販売禁止-

7月28日(土) ワチラーロンコーン国王陛下誕生日、カオパンサー(入安居)-アルコール販売禁止-

 10月24日(土) オークパンサー(出安居)-アルコール販売禁止-

この5日間は、基本的にコンビニやスーパーなどでも、アルコール類を購入することができませんので、注意しましょう。

また、観光客はお酒を飲むことができますので、飲みたい方は、前日までにアルコール類を購入しておきましょう。

禁酒日はレストランもお休み!?

 禁酒日

この禁酒日に合わせて、お休みするレストランもあります。観光客の多いエリアでは、お酒の注文はできませんが、通常通り営業しているお店も多いでしょう。

バンコクの繁華街、ソイカウボーイやナナプラザ、パッポン、タニヤなどでも同様にお酒を飲むことができません。

深夜0時を過ぎて禁酒日が終わると、お酒の販売が始まることもあります。実は、禁酒日の種類によって性質が異なります。

せっかく遊びに行ったのに、お酒が飲めないとシラけてしまいます。また、日によって営業時間が変わることもあります。事前に確認した方がいいでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ホイクワン・ナイトマーケットの激安ローカル屋台で、激辛タイ料理を食べよう この記事を読んでみる

外資系のお店では普通に飲める!?

外資系のホテルやレストランなどでは、通常通りアルコール類の販売、提供をしているところもあります。

しかし、最近では、タイのルールに合わせて、禁酒日にしているお店も多いようです。こちらも確認が必要でしょう。

ホテルの料金が安くなることがある!?

禁酒日にホテルの料金が安くなることがあります。タイは、観光大国ですので、禁酒日前後は、観光客が減ることもありホテルの料金が安くなることがあります。

お酒を飲まない人は、この状況を逆手にとって、安くなったタイミングを狙ってみるというのもいいかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

アゴダ(agoda)はアジア最強のホテル予約サイトなのか!?実際に検証してみました この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!!

非常に評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。

サプライスは、HISが運営しているオンライン旅行代理店、日本の会社ですから非常に信頼もできます。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、アフターサポートなど、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)へはこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

タイのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

 ゴールデンウィーク

タイのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをたいへんお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

禁酒日ではありませんが、4月のソンクラーンなどの大型連休のように、里帰りのため、多くのお店が閉まる日もあります。

時間とお金をかけてタイを訪れるのですから、事前に日程を確認しておきましょう。また、禁酒日に合わせて、禁酒してみるというのも、たまにはいいのかもしれませんね。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年ゴールデンウィーク(GW)旅行の予約は3月がベストタイミング この記事を読んでみる

タイでビール、アルコール類の写真をSNSにアップすると逮捕されてしまう!? この記事を読んでみる










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)