ホイクワンナイトマーケット 深夜に盛り上がる完全なるローカル市場!!

ホイクワンナイトマーケット は、タイの若者を中心に大人気のローカル市場です。先日の出張では、久々に激安タイ料理を食べに行ってきました。

また、噂では屋台や露店がかなり撤去させられたようです。ということで、今回は、深夜に賑わうホイクワンナイトマーケットについて、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

サムヤーン市場 バンコク都心にある庶民のローカルマーケットとは!? この記事を読んでみる

ホイクワンナイトマーケット 深夜に盛り上がるローカル市場!! パワースポット!? 絶品タイ料理が激安!!

タイの若者に人気!! ホイクワンナイトマーケットの魅力!!

ホイクワンナイトマーケット

ホイクワンナイトマーケットは、MRTホイクワン駅を下車、プラチャーソンクロ通り(Pracha Songkhro Rd)を中心に約400mほど続いているローカル市場です。

毎日仕事を終えたタイの若者たちが集まり、深夜に盛り上がりを見せます。よって、屋台や露店のオープン時間も深夜帯のため、観光地化されたマーケットではありません。

一般的には夜の20時頃から少しづつお店がスタート、23時過ぎには通りの歩道も屋台や露天で埋め尽くされます。

よって、外国人旅行者の姿はほとんど見かけない完全なるローカルマーケットです。個人的にはこのタイの下町の雰囲気に大きな魅力を感じます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プラカノン市場 地元タイ人々で賑わうバンコクのローカルマーケット!! この記事を読んでみる

ラチャダーエリアはタイの若者に大人気!!

ホイクワンナイトマーケット周辺のラチャダーと呼ばれるエリアは、バンコクの中心部でも特に物価が安く、タイの若者たちにも人気のエリアです。

ラーマ9世駅からスティサン駅までのラチャダーピセーク通り周辺を指し、交通の便も決して悪くありません。そして、コンドミニアムやアパート、公団住宅も密集しています。

日本人にも人気のスクンビットエリアと比較すると、家賃が半額以下で借りることもでき、大規模なコンドも意外に安いので、最近は外国人の居住者が増えているようです。

また、地方から出てくるタイの若者が一人暮らしをスタートしたり、ルームシェアをしながら住むのにちょうど良い場所としても有名でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの賃貸コンドミニアム 物件探しはウェブサイトが便利!? 飛び込みで内見!? この記事を読んでみる

まさに激安市場!! ホイクワンナイトマーケットを歩く!!

激安生鮮食品とローカルショップ!!

ホイクワンナイトマーケット

ホイクワンナイトマーケットは、一般的な観光スポットではありませんが、バンコクの若者を中心に生活の場として、多くの地元の人々で賑わっています。

まさにローカルな雰囲気を味わうことができる貴重な場所です。ちなみに生鮮食品のお店が沢山あり、色とりどりフルーツが激安価格で販売されていました。

ホイクワンナイトマーケット

また、エビや貝類、魚も売っています。タイの国民食ティラピアも激安で、タイではこの魚が日本の天皇陛下がプミポン国王に養殖を提案し、送った魚としても有名です。

普通に動いている魚やエビもいたのは新鮮な証拠でしょう。おそらく周辺の飲食店の中にも仕入れに利用しているのお店があるのではないかと思います。

ホイクワンナイトマーケット

通りを歩いていると、謎のコスチュームショップを発見です。こうしたアパレル店や靴店、電子機器、スマホ関連、DVD、CDの販売店、薬局、コスメなど、あらゆるお店があります。

もちろんあくまでタイローカルのお店なので、日本人のセンスに合うかは疑問です。しかし、どのお店も価格が安く、見ているだけでもきっと楽しいでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

チャトゥチャック ウィークエンドマーケット バンコク最大の激安市場!! この記事を読んでみる

激辛注意!? 激安タイ料理店が魅力!!

  ホイクワンナイトマーケット

私がホイクワンナイトマーケットを訪れる理由は、激安タイ料理が目的です。旅行者も少なく、これぞローカルな味を楽しむことができます。

よって、完全なローカル価格なので、全て激安です。しかし、タイ語しか通じない点、かなり激辛な料理には注意が必要でしょう。

ホイクワンナイトマーケット

ちなみに私の通っているお店は、プラチャーソンクロ通りソイ41にあります。これぞタイの下町の雰囲気と激安価格、舌が痺れるほどの激辛が魅力です。

ビールの大瓶にトムヤムクン、空芯菜、ライスでお腹いっぱい食べても200バーツほど(約700円)は、会計が間違っているでは!? と疑うほど最強のお店だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

シンハー (SINGHA)タイを代表するビールは飲む場所と値段に注意!? この記事を読んでみる

ホイクワンナイトマーケットの屋台や露店が復活!?

ホイクワンナイトマーケット

先日久しぶりにホイクワンナイトマーケットを訪れましたが、やはり以前よりは屋台や露店が減少していると感じました。

これはバンコク都の浄化作戦の一貫で、バンコクの主要な通りの歩道から屋台や露店を撤去する方針が打ち出されたからです。

しかし、深夜0時頃を回ると、少しづつ露店の数が増えていったので、周辺の屋台を取り巻く環境も変化しているのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクの屋台が完全撤去!? 2017年軍政下のタイで路上販売が禁止に!! この記事を読んでみる

噂のパワースポット!? ホイクワンのガネーシャとは!?

個人的にはこの活気あふれるナイトマーケット自体にいつもパワーを貰っていますが、実際にバンコクではパワースポットとしても有名です。

上の写真は、マーケットのある交差点付近の寺院の願い事が叶うガネーシャで、毎日本当に沢山の参拝者で賑わっています。

ホイクワンナイトマーケット

実はこのガネーシャ神がバンコク屈指のパワースポットとして人気です。また、寺院内にも金色の仏像や写真撮影不可のガネーシャ神も安置されています。

外国人旅行者に有名なBTSチットロムのエラワン廟に対して、地元のタイ人に人気のローカルパワースポットと言ったところでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プラクルアン タイに伝わるお守りのご利益や効果とは!? 投機の対象にも!? この記事を読んでみる

ホイクワンに集まるタイの若者たち!!

ホイクワンナイトマーケット

深夜0時を過ぎる頃、タイの若者たちが集まりはじめ、夜の商売を終えたタイ人女性や遊び帰りの若者たちの姿も沢山見かけます。

きっと仕事帰りのアフターと言った感じでしょうか!? 1時を過ぎる頃には深夜とは思えないほど、賑やかなマーケットに変貌を遂げるのです。

このように元気なタイの若者が集まるローカル夜市は、朝5時頃までマーケットもオープンしています。特に20代〜30代の女性が多いことも特徴かもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ソイカウボーイ バンコクの歓楽街ダントツ1位!! 有名店と言えばバカラ!! この記事を読んでみる

ホイクワンナイトマーケット周辺でおすすめのホテル!!

私がホイクワン周辺で過去に宿泊したホテルの中では、上の写真のスイスホテルは高級ホテルとしてはかなり快適でした。

また、深夜にバンコクに到着した場合に、ホイワンナイトマーケットで楽しむためホテルとしてはバンコクチャダホテルもおすすめです。

タイミング次第では1泊3,000円ほどのリーズナブルな価格で宿泊ができるホテルとしては、相当価値が高いと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

agoda(アゴダ)ホテル予約の評判や口コミ!! 注意点や安い理由とは!? この記事を読んでみる

ホイクワンナイトマーケット(Huai Khwang Night Market)に行こう!!

住所:Soi Pracha Rat Bamphen, Din Daeng, Bangkok, Thailand

営業時間:24時間営業!? (夕方頃〜4時頃)

MRTホイクワン駅を降りると、すぐにマーケットのあるプラチャーソンクロ通りが見えます。盛り上がる時間帯は22時〜3時頃でしょう。

完全なローカルマーケットなので、日本人旅行者の姿はあまり見かけませんが、稀にガイドブックを持った中国人旅行者を見かけます。

バンコクでも最も遅くまで賑わっている場所の一つで、夜の商売を終えたタイの若者たちが集まり、朝まで盛り上がることでも有名でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パッポン通り バンコク老舗歓楽街に勢い!! ゴーゴーバーのボッタクリは!? この記事を読んでみる

さいごに

タイの若者たちに人気のホイクワンナイトマーケットは、隠れたおすすめスポットです。タイローカルの雰囲気を味わうことができる貴重な市場になります。

また、パワースポットとしても有名なので、食事やショッピングだけではなく、普通に観光に訪れるのも楽しいかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Trip.com 口コミや評判!! 中国のホテルが爆安!? 安定の格安航空券予約!! この記事を読んでみる

Surprice(サプライス)航空券予約サイトの口コミや評判!! 安さの理由は!? この記事を読んでみる