転落死 バンコクのターミナル21で自殺!? タイのエスカレーターが超危険!!

転落死 がタイで頻発しています。先日もバンコク都内アソーク駅にあるショッピングセンター、ターミナル21でイタリア人男性が飛び降り自殺を図った模様です。

近年タイでは転落死のニュースをよく耳にするようになりました。ということで、今回は、事故を含むタイで頻発する転落死について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バイク事故 2018年タイのバイク死亡事故が世界1位!! 旅行者に注意喚起!! この記事を読んでみる

転落死 バンコクのターミナル21で自殺!? タイのエスカレーターが超危険!! 飛び降りも頻発!?

バンコクの人気ショピングモール!! ターミナル21で転落死!!

 転落死

タイのテレビ報道によると、1月3日の15時頃バンコクのBTSアソーク駅の上にある人気のショッピングモール、ターミナル21でイタリア人男性が5階から飛び降りた模様です。

下りエスカレーターから飛び降り、吹き抜け部分を通ってM階の床に転落、全身を強く打ち亡くなりました。タイ警察が自殺を図ったと見て詳しい状況を調べています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

路上詐欺 被害額100万バーツ!? バンコクで邦人の被害者が続出!? この記事を読んでみる

ターミナル21のエスカレーターが超危険!?

 転落死

実は私も以前から思っていたことですが、ターミナル21のエスカレーターが超危険です。日本の商業施設のエスカレーターとは作り(構造)が全く異なります。

上の写真のように円形の吹き抜けを貫くような配置になっているので、エスカレーターの手すりの横から直に吹き抜けに落下してしまいそうです。

私もできるだけエスカレーターの下を見ないようにしていますが、なぜか高い場所から下を見ると変な想像をしてしまいませんか!? 私もふとそんな感覚を持つことがあります。

また、これだけ高いSCのエスカレーターでも落下防止の対策が取られていないので、不慮の事故が起きないとも限らないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

シロッコ 世界一高い場所!? バンコクのスカイバーの超高級ワインに注意!! この記事を読んでみる

タイで外国人の飛び降りが頻発!?

 転落死

昨年の10月にはスワンナプーム国際空港でもドイツ人男性が4階旅客ターミナルから2階付近のコンクリート製の梁に転落し、搬送先の病院で死亡が確認されました。

特にスワンナプーム空港では2006年の開港以来、転落死が頻発しています。また、外国人がコンドミニアムから転落する事故や自殺も多いでしょう。

タイ在住の日本人の間でも話題になりましたが、同じく昨年の9月にはスクンビットにあるコンドミニアムの20階から日本人女性が飛び降り自殺を図ったニュースが話題になりました。

女性は駐在員の奥さんだったということですが、このように外国人の飛び降りが定期的にニュースになっているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ人の平均月収は!? 現地採用で優雅な生活は嘘!! 日本人のリアルお金事情!! この記事を読んでみる

日本とは異なる安全基準!?

 転落死

タイのショッピングセンターやコンドミニアムなので、日本とは安全の基準も異なります。もちろんタイなのでタイのルールがあって当然でしょう。

しかし、アソーク駅のターミナル21のように普通に考えても危険な設計の場所もあります。自ら飛び降りた人は仕方ないですが、不慮の事故が起きる可能性も否定はできません。

中にはスワンナプーム空港のように飛び降りが多発した結果、安全のために3,000万バーツを投じて高さ2メートルのガラスの側壁を作ったケースもあります。

このように安全のために措置をとる施設も出てきていますが、基本的には日本のように安全に対する高い意識はありません。よって、子供連れの家族などは特に注意が必要だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バイクタクシー タイのモタサイの乗り方や料金!! バンコク渋滞回避も危険!? この記事を読んでみる

微笑みの国!! 楽園の裏側!?

タイはリピーターが続出する大人気の国です。それほど中毒者が多い国なので、タイを訪れた人の中には、きっと帰国したくないと思う人も多いでしょう。

私も毎回タイから帰国する際には、現実に引き戻される感覚に陥ります。これがタイという国、楽園の裏側でしょうか!?

世界で一番人気、渡航者が多いと言われている観光立国ですが、その裏側には闇の部分も存在しているのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ボッタクリ注意!! バンコクのMBKでスマホやWiFi購入!! 日本人はカモ!? この記事を読んでみる

さいごに

タイで転落死が頻発しています。もちろん理由は様々でしょう。しかし、中には危険なショッピングセンターや公共施設も存在するのです。

特にタイを訪れる旅行者で小さな子供を連れている人には沢山の危険があります。日本とは安全基準全く違うので、事故には最新の注意を払うように気をつけましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パッポン通り バンコク老舗歓楽街に勢い!! ゴーゴーバーのボッタクリは!? この記事を読んでみる

水事情 氷であたる!? 東南アジア旅行の飲料水問題!! 途上国の水は危険!? この記事を読んでみる