タイの伝統的な挨拶「ワイ」とは!?

タイに行くとよく見かけるし、また自分もされることがあるのですが。なんとなく見よう見まねでしていた合掌について記事にしてみました。

タイの伝統的な挨拶「ワイ」とは!?

上の写真にもあるようにタイではマクドナルドのドナルドさんも「ワイ」でお出迎えしてくれます。

そう!この「ワイ」とは一体どういうものなのか気になったので調べてみました。

このワイ(合掌)は(英語: wai, タイ語: ไหว้)は、タイの伝統的挨拶。先方への敬意を示すもので、合掌してお辞儀をすることを言います。

日本人も小さい頃、給食のご飯を食べる時にみんなで手を合わせたり、お寺で合掌したりと馴染み深いものです。おそらくルーツはタイも同じ仏教の国。宗教的な作法から始まったのだと思います。

ただ、日本の合掌とタイの「ワイ」には違いがあるようです。

タイの場合は手のひらを完全に合わせるのではなく、中を少し膨らませる。これは仏教と縁の深い蓮花の蕾を模しているということのようです。

また、合掌の位置が上にあるほど、そしてお辞儀が深いほど敬意の高さを表します。親指を鼻に限りなく近づけるのが最高の作法のようです。

特に注意すべき点は「ワイ」は年長者や社会的身分の高いひと、特に僧侶へ向けてする作法のようで、あまり年下の人にすることではないようです。

ただ、相手からワイをされたら微笑するか、軽いワイと会釈をしてお返しするのがいいようですね。

JALの機内で流れている映像には小学生が学校の入り口で先生に一人一人「ワイ」している映像が流れていました。ということは小さい頃に習う基本的な挨拶なんでしょうね。

ふむふむ。

私みたいに誰にでもすべきではないようですね。私のイメージでは合掌とは。アニメのサザエさんで、マスオさんが「サザエ頼むよ〜」って感じでマスオさんが手を合わせて何かをお願いしているシーンを思い浮かべましたが(笑)。

タイの「ワイ」には、こういうお願いや謝ったり、感謝したりなどの意味合いとは全く違う意味があったのですね。

とはいえ私たちは外国人ですからどうしたらいいのでしょうかね?

とりあえず自分より目上の人?年配の人にされたら、悪く会釈をして、「ワイ」すればいいといった感じでしょうか。

絶対ないかもしれないですが、もしタイでとんでもない偉い方にお会いする機会があったら、それは綺麗な「ワイ」と深々お辞儀をする。と言った感じでしょうか。

とはいえ私が思うには、日本で外国人が合掌しているのを見ると、なんだかほのぼのするように。

タイでも、私たち外国人が街中で「ワイ」をしている姿を見ると、決して悪い気はしないような気がします。むしろ好印象なのではないでしょうか。

ということですが、今回タイの伝統や生活習慣の中での「ワイ」をなんとなくですが理解できたので、ちょっと実践してみようかと思います。