バンコクは野良犬天国!?

バンコクは本当に野良犬天国です。日本では野良猫はたくさんいますが、野良犬はあんまりいないですよね。ていうか全くいないですね。

というのも今から30年以上前ぐらいから、野良犬は,野犬として狂犬病予防法第6条を根拠として積極的に保健所や動物保護センターの職員等によって保護(捕獲)され、基本的に処分されてしまいました。

大の愛犬家の私としましては悲しい限りです。ということで今回はバンコクの野良犬について記事にしたいと思います。

バンコクは野良犬天国!?

バンコクの野良犬たち

 野良犬

バンコクには今でも野良犬がかなりいます。道を歩けばそこらじゅうにいます。のんびり生活してます。かなり交通事情の激しいバンコクの街でも、器用に道路を渡ります(笑)。力づよく生きてますね!

この間、屋台でご飯を食べていると野良犬が足の横に座って私を見てます。きっとお腹すいたのかな〜。でもトムヤムクンあげるわけにもいかないし、油っぽくて、しょっぱい空芯菜はあげたらまずいよな〜・・・。

でもよく見ると・・・。あれっ?首輪してるじゃん。この子は飼い犬なのかな?屋台のおばちゃんに聞いてみました。

どうやら、この屋台一体のみんなで世話してるのよと言ってました。そういうことか!実は、街中でのんびりしているワンちゃんたちの中に、かなりの数の飼い犬がいるようです。

「地域犬」という考え方のようで、その辺一帯の皆さんが飼い主ということです。そして、一匹だけではなくて複数のわんこを世話しているということも多々あるようですね。

特にタイは命の大切さを重んじる国です。食べるものがなくてかわいそうなわんこをみんなで世話することは当然のことのようです。

野犬の病気は大丈夫?

私もよく聞く話なのですが、病気とか大丈夫なの!?特に「狂犬病」とか気になりますよね。よくタイで狂犬病の恐怖とか、あたかも狂犬病が流行ってる的なブログやサイトの記事を見かけます。

これは明らかな煽りネタです。都市伝説に近いと思ってます。

確か前に何かのデータで狂犬病の発症件数とったデータを見ましたが、タイ国内での発症件数は10件程度だったように記憶してます。

私もこれだけアジアを訪れていますが、特にタイでは変な犬を見たこともないし、噛まれてるシーンも見たことはありません。

結構日本の方が犬に噛まれてるシーンを見たことがあります。タイのわんこは人懐っこくて、のんびりしてます。ていうか暑いからかダラダラしてますね。

むしろ、タイでは気をつけるべきは、世の男性たちが気をつけるべき、夜の病気です(笑)。ここではあえて突っ込むのはやめておきましょう。

近年では、タイでも野犬を捕まえて、狂犬病などのワクチンを摂取させて、また離すということを行っているようです。

ただ、注意は必要です!

データ的にも安全だと思いますが、100%ではない以上、注意はすべきだとは思います。いないかもしれませんが、野良犬をいじめたりとか、過度に触れ合ったりはあまりしないほうがいいですね。

まれにムツゴロウさん的に犬をかわいがる人がいるかもしれませんが、ちょっと危険かもしれません。現実的にはないと思いますが、念のために下に野良犬に噛まれないためのコツを書いてみます。

野犬に噛まれないために

私の独断と偏見ですので、一切の責任は負いかねますが(笑)。アジアに渡航する際に、狂犬病のワクチンの接種はマストみたいな記事を見かけますが、これはあまり意味がないです。時間と費用の無駄です。

ちなみに狂犬病は、犬だけではありません。猫やネズミ、コウモリなんてものも対象になるようです。それでは、狂犬病の予防についてです。

①過度にビクビクしない。

基本中の基本ですが、狂犬病の恐怖みたいなことを真に受けて、ビクビクしないことです。動物は察知するようです。堂々としていれば、基本スルーです。

②夜中にひとけのないところに行かない。

昼は暑いのでダラダラしてますが、夜は活発に行動します。しかも縄張り意識の強い動物ですから、特に人のいない場所、慣れていない犬には近づかない方がいいかもしれません。

③走って逃げない

走って逃げるものを追いかける本能があります。犬は本来狩猟動物ですからね。後ろを見せるのもよくないですね。

これを最低限心がけていれば、おそらく大丈夫です。ていうか過度に刺激しなければ、普通は大丈夫ですね。

もし噛まれてしまったら

もし、こんな状況でも野犬に噛まれてしまったら・・・。また、近くに病院がない場合は、すぐに傷口を綺麗な水で洗いましょう。そして、傷口を石鹸などで洗浄、消毒液があれば消毒です。

そして、24時間以内に病院でワクチンを打ちましょう。ちゃんと処置すれば発症しないようです。

ちなみに狂犬病のウイルスはかなり凶悪ですが、そこまで強いウイルスではないようです。重要なことはきちんとした知識を持つことですね。

さいごに

バンコクに滞在している時に、いつも気になっているわんこがいます。シーロムエリア、車でドリアンを販売しているおじちゃんの近くにいるわんこなのですが、3ヶ月間くらいに赤ちゃんを産んでいました。

赤ちゃんは、生後1、2週間くらいのようでした。まだ目が見えてないようで、よちよちして、階段をぐるぐる落っこちてました(笑)。かわいすぎます。

次回行った時は大きくなってるか楽しみです。もし、アジアを訪れることがありましたら、こんなお気に入りのわんこを見つけることも楽しいです。ぜひ見つけてみてくださいね!

<人気関連記事はこちらからどうぞ>

【完全版】『タイ』 バンコク 旅行の旅費は?航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました。 この記事を読んでみる