『バンコク』タクシーを選んで乗りましょう。運賃と乗り方は?

『バンコク』タクシーを選んで乗りましょう。

タクシーの運賃は

基本的に初乗り35バーツ(1kmまで)です。1km以降の運賃に関しては、1km 〜10kmまでは1kmごとに5.5バーツ上がっていきます。また、渋滞中など速度6キロ以下の場合は、1分で2バーツ加算されます。

10km以降は運賃が1kmあたり6.5バーツと変わりますが、市内で10km以上は乗ることはあまりないと思います。このメーターは2バーツづつ上がっていきます。

空港からタクシーに乗った場合は空港使用料50バーツが別途かかります。また(ハイウェイ)高速道路をを利用する場合は、高速料金を乗客が払うシステムです。

これらを知らずに不当な料金を請求されたと勘違いして、トラブルになるケースがあります。必ず覚えておきましょう。

タクシー運賃と相場は?

バンコク市内を移動する場合(BTS駅3つくらい)、80〜100バーツでしょう。過度な渋滞に巻き込まれなければ100バーツを見ておけば間違いありません。

空港からバンコク市内(スクンビット辺り)までは300バーツ前後が相場でしょう。これに空港使用料と高速利用の場合は、高くて約450バーツ程度を考えておきましょう。

タクシーの種類は

黄色と緑のタクシー

バンコクの個人タクシーです。まれにメーターを使用してくれることがありますが、基本的に交渉制のタクシーになります。初心者には不向きです。

ピンクのタクシー

 タクシー

【アジアの歩き方】が1番おすすめするタクシー会社です。比較的に新しいタクシー会社のようでん台数も多いです。基本的にメーターを利用します。観光客まるだしだと、メーターを使わない場合もあるようです。

その場合はタイ語で「チャイ・ミーター」と言うとメーターをオンします。覚えていきましょう。

黄色、オレンジ、緑のタクシー

こちらも基本的にはメータータクシーなのですが、台数が少ないのかそこまでたくさん走っていないように思います。

やはりピンクのタクシーが台数が多く、何より色が目立ちます。通りで待っていればすぐに来ますので、ピンクを選びましょう。

タクシーの乗り方は

ホテルや商業施設のタクシー乗り場では待っていればタクシーが来ますので、日本での乗車方法と同じです。

流しのタクシー(ピンク)の乗り方は

通りを走っているタクシーのフロントガラスの右あたりに、空車を示す赤いネオンが光っているタクシーを止めましょう。手をあげれば止まってくれます。ピンクのタクシーに乗りましょう。

止まってくれたら乗車して、行き先を伝えましょう。ここで注意点は、ホテルの名前などでは場所がわかりません。通りの名前を伝えます。ex)スクンビットsoi12 などです。

あとはメーターをオンしたことを確認しましょう。オンしない場合は、タイ語「チャイ・ミーター」でオンするはずです。

黄色と緑のタクシーの乗り方は(上・中級者向き)

基本的に交渉になりますので場所を伝えます。ドライバーが値段を言ってきます。納得できれば乗りましょう。大体近距離でも200バーツとふっかけてきます。

上にあげた相場より少し安く提案して、相場くらいに収まれば乗車するのもいいでしょう。あまりに高い場合はパスです。

近年では、英語の通じるドライバーも増えましたが、英語で話しかけると確実に観光客料金になります。ちなみに簡単なタイ語でのやり取りが基本でしょう。そういう意味で中級者向きとしました。

タクシーに乗る上での注意は

乗車拒否はあたりまえ

日本人は比較的、乗車拒否されることは少ないですが、中東系の観光客が乗車距離されているのをよく見かけます。理由はいろいろあるようですが、気持ち良く見送って次のタクシーを拾いましょう。

ホテル、観光名所、通りなどの客待ちタクシーは避ける

高級ホテル付近や観光名所などの通りで、客待ちをしているタクシーはほとんどぼったくりタクシーがです。ドライバーから声をかけてくるので分かりやすいです。適当なことを言って客引きをしてきますので、注意したほうがいいでしょう。

小銭を用意しましょう

ほとんどのタクシードライバーは大きな紙幣に対してのおつりを持っていません。最低でも100バーツと小銭を持っているようにしましょう。特にチップはいりませんが、小学のおつりであれば渡すのもありです。

深夜に女性1人でタクシーにのらない

これは常識中の常識ですが、危険な思いをした話をよく聞きます。密室に2人になるわけですから注意が必要です。特に土地勘のない海外ですから、人気のないところに連れて行かれたらアウトです。

渋滞にまきこまれます

朝、夕の通勤時間帯やスコールが降ってくると、必ず渋滞が発生します。それでなくてもバンコクの慢性的な渋滞は社会問題になっているぐらいです。特にスクンビット、プラトゥナームは激しく渋滞します。歩いたほうが早い場合もちらほら。時間に余裕を持って行動しましょう。

BTS・MRTを利用しましょう

バンコクの渋滞緩和に一役かっているBTS・MRTは運賃も安く、時間が正確です。特に駅の近くに滞在している場合には積極的に利用しましょう。トラブルもなくストレスを感じることもありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクのスカイトレイン・BTSの乗り方 を読んでみる

まとめ

バンコクのタクシーは、基本的に最低限の知識があれば、トラブルやストレスはほとんどありません。この記事を参考にいていただき、便利にタクシーを利用してください。

バンコク.wiki

海外のホテル、最強の予約サイト『Expedia(エクスペディア)』なら、たいへんお得にホアヒンのホテルをお探し、ご予約することができます。
 

海外ホテルならエクスペディア

それでは素敵な旅に、極上の時間をお過ごし下さい。