コロナウイルス 2020年3月タイ旅行は大丈夫!? 入国は問題ない!? 日本企業は自粛モード!?

コロナウイルス が世界中で猛威を奮っていますが、このタイミングでのタイ旅行は大丈夫なのか心配になっている人も多いのではないでしょうか!?

私は2020年2月末に日本からタイに入国しました。ということで、今回は、2020年3月現在のタイ入国や国内の現状について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

非常事態宣言 2020年4月新型コロナによるタイの現状!! バンコクは行動制限や首都封鎖!? この記事を読んでみる

コロナウイルス 2020年3月タイ旅行は大丈夫!? 入国は問題ない!? 日本企業は自粛モード!?

2020年3月現在!! タイ旅行は大丈夫!?

現在タイのバンコクで記事を書いていますが、コロナウイルスが猛威を奮っているこのタイミングで、タイ旅行は本当に大丈夫なのか!? 疑問に思っている人も多いでしょう。

ちなみに私は2020年2月29日にタイに入国しましたが、過去に100回近くタイを訪れている中でもこんなに人が少ない空港は初めてでした。

もちろん中国からの旅行者が激減したことが大きな理由だと言えます。しかし、やはり世界的にもこの時期の旅行を自粛する動きになっているのは周知の事実かもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

新型肺炎 タイ旅行の安全性は!? アジア各国で新型コロナウイルス感染への注意喚起!! この記事を読んでみる

タイ空港での入国や入国審査は!?

 スワンナプーム

はじめにタイの空港へ到着後、入国は大丈夫なのか!? については、空港の入国審査に向かう途中にサーモグラフィーが設置されていました。

2020年3月現在タイ保健省の発表では、基本的に日本からの旅行に対して、入国拒否などの措置は取られていません。

しかし、入国時に37.5度以上の発熱や咳や鼻水などの症状があれば、「新型コロナウイルスに感染の疑いあり」として隔離、検査が義務付けられます。

ちなみに私の場合は、サーモグラフィーを普通に通過しただけでした。また、入国審査も今までと全く変わらなかったので、少し拍子抜けしたと言えばそうかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出入国カード廃止!! タイ旅行者に朗報!! 正式な日時は未定も入国審査の混雑緩和へ!! この記事を読んでみる

ホテルへのチェックインは!?

ネットの情報では、東南アジアのどこかの国で、ホテルにチェックインできなかったなどの口コミを見かけましたが、こちらも通常と全く変わりません。

何か違いがあるかと言うと、ホテルのスタッフが全員マスクをしている点でしょうか!? それ以外は基本的に平常通りと思って良いでしょう。

しかし、日本からの帰国者に対して、タイ保健省がタイ入国後14日間は、自宅やホテルから出ず、なるべく公共交通機関を使用しないように協力を呼びかける要請をしています。

よって、私たち旅行者に特段の影響や変化、制限はなくても意識的には、少し遠慮が必要なケースもあるかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エクスペディア 航空券やホテル予約は安いの!? 評判や口コミ!? トラブルやキャンセル料は!? この記事を読んでみる

街の状況や日本人に対しての反応は!?

日中や夜の繁華街などを見ると、正直そこまで大きな変化は感じません。しかし、基本的に中国人旅行者の姿を見かけないので、場所によっては旅行者が激減しているようです。

やはり中国人旅行者が大型バスで訪れていたような観光スポットが大きく影響を受けているのでしょうか!?

確かに一部人が少ないと感じたのは、バンコクのヤワラート(中華街)やワット・ポーなど、王宮周辺だと思います。

また、タイ人の日本人への反応は、レアなケースかもしれませんが、BTSやMRTで私の姿を見て場所を移動する人が実際にいました。

これは日本人だと認識してなのか!? 中国人だと勘違いしたのかは分かりません。しかし、何度か明らかに警戒されている雰囲気を感じたのは事実です。

そして、タイ人の取引先や友人にも日本のコロナは大丈夫か!? と行く先々で声をかけられたので、タイのテレビや新聞で現状が報道されている証拠だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プラクルアン タイに伝わるお守りとは!? ご利益や効果は!? コレクションや投資の対象に!? この記事を読んでみる

タイ旅行の注意点!! マスクは必ず携帯すべき!!

上記のように、タイ入国や旅行中に特別な注意点は感じませんでしたが、一つだけ注意すべき点があるとすれば、マスクは絶対に携帯するようにしましょう。

バンコクなどの首都圏では、おそらく8割以上の人々がマスクを着用しています。基本的に白人の旅行者以外は、ほとんどの人がマスクをしている状況です。

その状況下でタイパンツを履いた日本人や中国人と思われる明らかな旅行者がマスクをしないで過ごしている姿は、やはり配慮がかけていると言えます。

よって、外出時はマスクを携帯し、多くの人が集まる場所や公共交通機関では、必ずマスクを着用する事を心がけましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ寺院 参拝の基本知識!! 服装やマナーとは!? 過度な露出は厳禁!! 僧侶や仏像にも注意!? この記事を読んでみる

タイでマスクやアルコール消毒液は買える!?

 コロナウイルス

日本国内ではオイルショックのようにマスクやトイレットペーパーまでもが売り切れているようですが、タイでマスクやアルコール消毒液は買えるでしょうか!?

結果から言うと、タイミングと場所次第です。しかし、基本的にコンビニや大手のドラッグストアでは全く売っていません。

私もバンコク都内で相当数のコンビニ、ドラッグストアを見ましたが、本当に一軒も売っていなかったのは驚きです。

しかし、バンコクの隣、ノンタブリー県に出かけた際に、個人経営の薬局で上の写真のマスクとジェルを発見し、念のため購入しました。

また、スクンビットの小さな薬局でもマスクを発見しましたが、日本で50枚500円ほどで販売されているようなマスクが驚愕の1枚150バーツでバラ売りされています。

そういう意味では、現在バンコク都心では手に入らないと考えた方が良いでしょう。よって、旅行者は日本から持ってくる必要があると思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイマッサージ タイ旅行で失敗しないマッサージ店の選び方!! 5つのキーワードとは!? この記事を読んでみる

日本企業も旅行を自粛モード!?

私のようなフリーランスの人は、ある意味本人次第なので、特に問題はないかもしれません。むしろ、航空券やホテルが過去一番安く予約できるタイミングです。

しかし、一般の企業で働いている日本人では、企業側から出張、旅行ともに自粛を促されているようで、私の友人の中でもキャンセルした人が沢山います。

特に出張に関しては、会社の都合なので当然ですが、旅行まで制限されるとは思わなかったと考えている人も多いのではないでしょうか!?

もちろん旅行先や飛行機内で感染が確認された場合、隔離措置を受けてしまえば、それこそ死活問題なので、確かにこの時期ばかりはあまり冒険しない方が良いのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

旅行予約サイト キャンセルやアフターサポートでトラブル!? 格安旅行サイトに潜むリスクとは!? この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

2020年3月4日現在のタイ旅行の状況は上記の通りです。また、あくまで私の個人的な見解なので、人によっては感じ方も違うかもしれません。

しかし、ある一定の判断材料にはなるのではないでしょうか。ということで、難しいタイミングですが、タイ旅行を心配している人は、是非参考にして欲しいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ベトジェットエア キャンセル可能!? 払い戻し手数料は4,000円!! 申請の方法や返金期間は!? この記事を読んでみる

Travel2be 旅行予約サイトの評判や口コミは!? 格安航空券を購入する際は注意が必要!! この記事を読んでみる