【バンコク】世界一長い69音節の首都名の由来はバンコクノーイ?

誰もが知っているタイの首都【バンコク】の正式名称は、実は世界で最も長い名前です。この名前の由来が面白いので、今回の記事にしてみました。

世界一長い69音節の首都名の由来はバンコクノーイ?

 バンコク

世界一長い69音節の首都名バンコクの正式名称

バンコク(英語では)

「Krung­thep­maha­nakhon­ Amon­rattana­kosin­ Mahinthar­ayutthay­a Maha­dilok­phop Noppha­ratratchathani­burirom­ Udom­ratchaniwet­mahasat­han­ Amon­phiman­awatan­sathit Sakkathatiya­witsanukamprasit」

バンコク(日本語・カタカタでは)

「クルンテープ・マハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット」

このようにバンコクの正式名称はこんなに長いのです。タイの人々も略して、「バンコク」とか「クルンテープ」なんて呼んでます。なにより、タイの人々もこの正式名称をわからない方も多いようです。

出典:バンコクの正式名称はタイ国政府観光庁のウェブサイト

https://www.thailandtravel.or.jp/about/outline/

バンコクの名前の由来は?

バンコクという名前の由来は、古くはアユタヤ時代にからあります。コーク(アムラタマゴノキ)の生える村(バーン)に由来するといわれています。

このバーンコークという地名は、その後トンブリーという名前に変わります。そして、ラーマ1世が新しく築いた都につけた「クルンテープ(天使の都)」という名前に変遷していきます。

新しい名前がついた後も外国人には「バンコク」と呼ばれています。ちなみにラーマ1世が新しく都につけた名は「クルンテープ」から始まる69音節の世界一長い首都名となりました。

「クルンテープ(天使の都)」以下は、都を修飾する言葉が連なっています。このような荘厳な名称の対極といえるのが、タイのローカルな植物に由来する「コーク村」が「バンコク」なのです。

バンコクノーイとは?

タイで有数の歴史を誇るシリラート病院、その高層ビル群の手前。時計塔を備えた赤いレンガ造りの建物が、旧バンコクノーイ(トンブリー)駅の跡です。

そして、西に分岐する運河の名前が、バンコクノーイ(小バンコク)運河です。屈曲が激しいチャオプラヤー川が、かつてはこのバンコクノーイ運河に入っていました。

そして、大きく迂回しながらバンコクヤイ(大バンコク)運河のルートを経て、本流に戻っていました。

アユタヤ時代にこの間を短絡する運河が掘られ、現在はこちらが本流となりました。つまりバンコクノーイ運河は人工物ではなく自然の川なのです。

このバンコクノーイの地名は、このあたりがバンコク発祥の地であるということを示しているのです。

そして、現在タイの地名として残っているのはバンコクノーイ、バンコクヤイという運河名と区名のみになってしまいました。

まとめ

私たちにも馴染みが深いタイの首都「バンコク」という名前が、実は「クルンテープ(天使の都)」とコークの生える村「バンコク」と両極端な名前で呼ばれているなんて、本当に面白いですね。

歴史とは本当に面白いものですね。

<人気の関連記事はこちらからどうぞ>

【完全版】『タイ』バンコク旅行の旅費は?航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました。 この記事を読んでみる