ドン・キホーテがついにバンコクに出店・在タイ日本人にも嬉しいニュース

昨年の11月に嬉しいニュースがありました。日本のドン・キホーテがついにタイ・バンコクに出店することが正式に決まったようです。

私もかなりのドン・キホーテ・ヘビーユーザーです。このニュースは現地タイ人だけではなく、特にタイに住んでいる日本人に嬉しいニュースではないでしょうか。

ということで、現時点でわかっているこのドンキ(略)のバンコク出店に関して、記事にしてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ラーメン戦争が勃発!!!バンコクで大流行している日本のラーメンに疑問!? この記事を読んでみる

ドン・キホーテがついにバンコクに出店・在タイ日本人にも嬉しいニュース

ドン・キホーテ

 ドン・キホーテ

ドン・キホーテはもともと東京の府中に倉庫型の小さな店舗から始まりました。「圧縮陳列」と呼ばれる、あのディスプレイは本当に独特です。

宝探し感満載のお店づくりは、ドン・キホーテの大きな特徴ですね。現在では、日本人だけではなく外国人にもかなりの認知度を誇ります。

海外からの旅行者がドン・キホーテを目指して、日本に来るなんてことも少なくないようです。「ドンドンドン、ドンキ〜」のあのテーマソングもなんだか親しみやすいです。

私も以前からドン・キホーテのヘビーユーザーです。本当になんでも揃っているので、1度行くとどっさり買ってしまいますよね。

ついにバンコクに進出が決定

詳細は

ドン・キホーテグループの海外事業持株会社 Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール)、タイ国内最大手塗料メーカーグループの TOA Venture Holding Co., Ltd.(本社:タイ)、高品質な駐車場サービスを提供する日本駐車場開発株式会社(本社:大阪府大阪市)のタイ法人 Nippon Parking Development (Thailand) Co., Ltd. (本社:タイ)の3社は、合弁会社を設立し、タイバンコクのトンロー・エカマイエリアにおける商業施設開発を開始しました。

ドン・キホーテ News Release

名前は『DONKI Mall Thonglor』どうやら現在は仮の名前のようです。地上6階建ての建物で、1,2階部分はDON DON DONKI、その他のフロアはテナントが入る模様です。

東南アジアでの出店は、シンガポールについで2店舗目になるようです。ちなみにシンガポールは12月に開店したばかりのようですね。

場所は

住所:107 Sukhumvit 63, Klongton Nuea, Wattana, Bangkok, Thailand

現在開発中のため、ダイレクトな地図が表示しなかったため、付近の地図を貼り付けてみました。場所はスクンビットsoi63です。

BTSエカマイ駅からsoi63をまっすぐ行って通りにsoiエカマイ5にぶつかった手前の左側ですね。かなり大きな店舗でしょうからすぐわかるはずです。

トンローとエカマイからほど近いエリアですから、現地駐在をしている日本人、日本居住者もが多い地域です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

BNK48(バンコク48)というAKB48の姉妹グループが存在するらしい この記事を読んでみる

トンロー・エカマイは高級なエリア

トンロー・エカマイエリアは、日本人だけではなく、外国人駐在員なども多く住むハイソな地域です。東京でいう青山のようなところですね。

ここ数年間で開発が進み、高級コンドミニアムが立ち並ぶ、とてもおしゃれなゾーンに変貌を遂げました。大人な街という雰囲気がぴったりです。

現在でも、開発は進んでおり、バンコク市内でも1番と言っていいほど勢いのあるエリアではないでしょうか。

駐在員だけではなく、地元タイの富裕層も足繁く通うレストランやおしゃれな商業施設は、タイの流行の発信地になっています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均・月2万6973バーツと増加傾向 この記事を読んでみる

『リトル・ジャパン』日本人の多い地域

トンローはバンコクでも、最も日本人がたくさん居住しているエリアです。日本人が通う学校などもあります。日本語の通じる病院などもあります。

日本語の大きな看板も立ち並び、日本食レストランなどの飲食店も多くあります。まさに日本人街という雰囲気のエリアもあります。

まさに『リトル・ジャパン』ですね。バンコクではプロムポンと並ぶ、日本人の多いエリアとして知られています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイで英語は通じるのか?2017年 気になることばの問題について考えてみた この記事を読んでみる

さいごに

 ドン・キホーテ

バンコクにドン・キホーテができるというニュースは本当に嬉しいです。気になる開店日などは、分かり次第アップデートいたします。

しかし、バンコクのドンキはどんなお店になるんでしょうね。日本のような構成になるのでしょうか!?

バンコクのプラトゥナームなどの雰囲気を見ると、ドンキの良い意味で、ごちゃっとした感じがタイの文化にかなりフィットしそうな気がします。どちらにしても本当に楽しみです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スーパーリッチ(Super Rich)バンコクで1番人気のある両替所で換金しよう この記事を読んでみる

Surprice!(サプライス)評判の良い格安オンライン旅行サイトで航空券を買おう この記事を読んでみる