ヤック(夜叉)バンコク・スワンナプーム国際空港に12体いる守り神とは!?

前から気になっていたのですが、タイのいたるところで見ることができるこの像は一体どんな意味のある像なのでしょうか?

ちなみにバンコク、スワンナプーム国際空港にいらっしゃる像で名前は、ヤックという名前のようです。色鮮やかでいつも綺麗なモニュメントだなと思っておりました。

実はいつも見ていたのですが、この像が何の神様なのか!?今回は、ずっと気になっていたヤックさんについて調べてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【節約】スワンナプーム国際空港4F出発ロビーからタクシーに乗って50バーツを節約してみた この記事を読んでみる

ヤック(夜叉)バンコク・スワンナプーム国際空港に12体いる守り神とは!?

ヤック(夜叉)とは?

古代インド神話に登場する鬼神で、薬叉(やくしゃ)とも称されます。のちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となったそうです。

どうやらこの神様には、男性と女性がいるようです。財宝の神クベーラ(毘沙門天)の眷属と言われています。

タイでは、ヤック(ยักษ์)と呼ばれ、緑色と赤色の対になった巨大な像が寺院等の門に置かれているようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイで携帯電話(スマホ)を使うには? wifiレンタル? SIMフリー携帯? 現地でSIMカードを購入する!? この記事を読んでみる

スワナプーム国際空港のヤック

スワナプーム国際空港にも2体並んでおります。4階の出発フロアにどんといらっしゃいます。かなり大きいので、遠くからでも目立ちますね。

日本でいう金剛力士像もこのお仲間のようです。そして、上の赤と緑のヤックはワットプラケーオにあるものを模したもののようです。

そして、なんとびっくり実はこのヤックはスワナプーム空港に12体もいるようです。7人の小人を探せならぬ、12体のヤックを探せです。次回行った時は探してみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコク ドンムアン・スワンナプーム国際空港のお土産は高い? 知らずに損している!? この記事を読んでみる

タイは本当に色鮮やか

 ヤック

タイのモニュメントは、本当に色鮮やかで綺麗です。私がいつも滞在しているシーロムエリアにも「Wat Khaek/ワット・ケーク」があります。

ヒンズー教の寺院で、かなり多彩で鮮やかな寺院です。日本の神社、仏閣と比べるとド派手です。そういえば、日光東照宮もかなり派手ですね。

しかし、タイの寺院はどこに行っても色鮮やかで、そういうところがタイ人の明るさを表しているのかもしれません。

少し前ですが、タイの代表的なパワースポットである、エラワン廟がテロの標的になったことがありました。

テロという卑劣な行為はもちろんですが、こういう歴史的な寺院などを標的にするのはさらに卑劣です。本当に世界が平和になってくれれば良いです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

イスラム武装勢力 特にタイ南部(イスラム圏)を訪れる方はテロに注意が必要です この記事を読んでみる

そうだ、タイへ行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

本当に便利なAmazonのトラベルストア

トラベルグッズをインターネットで購入できるAmazon(アマゾン)のトラベルストアが本当に便利です。もちろんトラベルグッズ以外にも全てのものを購入できます。

さすが世界のAmazonです。豊富なラインナップと魅力的な価格、ほとんどのものを探すことができます。ぜひチェックしてみてください。

Amazon(アマゾン)で便利なトラベルグッズを購入しよう

さいごに

次回出張に行った際には、1日くらい休みを作って、寺院巡りをしてみようかと思います。最近は滞在期間が短いので、ほとんど観光したことがありません。

とりあえず、前から見に行きたいと思っていたピンクのゾウさん(ガネーシャ)にも行ってみたいと思っています。

何十年ぶりかアユタヤにも行ってみたいと思ってます。古都アユタヤ、日本の京都や奈良と同じように、歴史を感じられる町です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

山田長政 17世紀にタイで活躍したアユタヤ日本人傭兵隊のリーダーの歴史とは!? この記事を読んでみる

タイ王国の歴史1 タイ王国の創世記からアユタヤ王朝ができるまでの歴史を振り返る この記事を読んでみる