深夜便 バンコクに早朝に到着・ホテルで部屋に入れるまでのおすすめの過ごし方は!?

深夜便 に乗りましょう。日本を0時過ぎに出発して、バンコクに5時頃(現地時間)到着する飛行機が本当に便利です。

しかし、ホテルで部屋に入れるのは14時頃でしょう。それでは、早朝に着いたらどうやって過ごせば良いか!?おすすめの過ごし方について考えてみました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの入国カード・出国カードが変わりました、記入方法を解説します この記事を読んでみる

深夜便 バンコクに早朝に到着・ホテルで部屋に入れるまでのおすすめの過ごし方は!?

深夜便 は本当に便利!!!

 深夜便

私も普段利用することが多いのですが、日本を0時半頃出発し、バンコクに5時頃に到着する深夜便が本当に便利です。深夜に出発することもあり、搭乗後すぐに寝ることができます。

昨年この便に乗った時には、東京を出発後、1度も起きずに、バンコク・スワンナプーム空港に着陸する際のドンという音で目が覚めるということもありました。

飛行機の中で、機内サービスを楽しむこともいいでしょう。しかし、飛行機内が退屈という方には最高です。

JALやANA、タイ国際航空などでもこの深夜便があります。通常寝ている時間に飛行機に乗ることになるので、時間が無駄にならないことも利点です。積極的に利用したいところです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

時差は!? 日本とタイの時差は2時間・飛行時間は6時間半 飛行機内での過ごし方は? この記事を読んでみる

早朝にバンコクに着いたとき

 深夜便

便利な深夜便ですが、バンコクに到着するのは、現地時間の5時頃です。入国審査を終え、荷物を受け取っても6時頃でしょう。

少量の外貨両替を行って、バンコク都内にタクシーやエアポートレイルリンクで向かいます。ホテルに到着するのは6時半頃でしょうか。

交通渋滞の激しいバンコクも、早朝は道路が空いています。早ければ30分ほどでホテルに着いてしまうこともあります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エアポートレイルリンクを利用しよう スワンナプーム空港からバンコク都内への電車移動 この記事を読んでみる

ホテルで部屋に入れるのは14時頃?

ホテルに到着、チェックインを行って、荷物を預けます。しかし、実際に部屋に入れるのは、14時頃が多いのではないでしょうか?

ホテルによっては、部屋の空き状況やスタッフの対応次第で、7時頃到着しても、すぐに部屋に案内してくれることもあります。

また、2時まで待たなくても、12時や10時など、早く部屋の準備をしてくれることもあり、私も3回に1回くらいは、こういうラッキーがあります。

とりあえず、ホテルに行ってみるといいと思います。しかし、ほとんどの場合は14時頃まで、時間を潰さなくてはならないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

アゴダ(agoda)はアジア最強のホテル予約サイトなのか!?実際に検証してみました この記事を読んでみる

おすすめの過ごし方 プールで寝ます

空港で時間を潰す方も多いと思います。しかし、私は空港からタクシー移動が多いので、早朝を逃すと道路が渋滞し始めます。

また、早くお部屋に入れるラッキーなこともありますので、とりあえずホテルに移動します。ここで、私のおすすめの過ごし方です。

ホテルのプールで寝ます。どういうことかと言うと、そのままなのですが、ホテルでチェックイン、荷物を預けたら、水着を手にプールに向かいましょう。

バンコクでは、ほとんどのホテルにプールがついています。部屋の準備ができるまで、プールサイドでまったり過ごすのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコクを中心に電子たばこやiQOS使用による日本人の逮捕者が続出!?注意が必要!!! この記事を読んでみる

空港のコンビニでビールを買います

タクシーに乗る前に、スワンナプーム空港のファミリーマートで、ビールを購入します。ちょっとしたお菓子も一緒に買います。

もちろんホテルのプールサイドで飲むためです。ちなみに、バンコク都内のコンビニでは、11時から14時、17時から24時の時間帯のみビールを買うことができます。

この時間帯以外は、購入することができません。しかし、空港のコンビニでは、謎に24時間買うことができるのです。

空港のコンビニで定員さんに理由を聞いたのですが、「空港は大丈夫」という理由でした。深い理由はわからないようです。ということで、空港で買って向かいましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ダイナスティグランデホテル(Dynasty Grande Hotel)バンコク・ナナエリアで最高のホテル!!! この記事を読んでみる

プールサイドが快適に過ごせます

バンコクは1年を通して、平均気温が30度近いため、プールサイドで飲むビールが最高です。コンビニで買っていけば、無駄なお金もかかりません。

水着に着替えてしまえば、プールに入ることもできます。また、シャワーを浴びることもできるので快適です。ホテルによっては、食事も可能です。

私は、プールサイドでサンベッドに横になりながら、ビールを飲んでいます。疲れていれば仮眠してもいいのではないでしょうか。ホテルの中ですから、安心できます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう この記事を読んでみる

10時頃にはタイマッサージ店がオープンする

プールサイドで、時間を潰します。そして、10時頃にはホテルの近隣にあるタイマッサージ店が開店するでしょう。

長い移動の後のタイマッサージは最高です。タイマッサージでリラックスしましょう。マッサージ後はお昼の時間帯です。同じくホテルの周辺でタイ料理を食べます。

お昼を食べ終わることには、部屋の準備はできています。早朝にバンコクに到着してすぐに、プール、マッサージ、タイ料理を楽しむことがきるのです。

部屋に入ってからは、少し休んで夜に備えることもできます。このように到着初日から、タイを満喫することができるのです。これが1番おすすめの過ごし方です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイマッサージ タイ・バンコクで失敗しないマッサージ店の選び方を5つ紹介します この記事を読んでみる

バンコク行き 航空券予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

今回は、早朝にバンコクに到着した際の過ごし方について記事にしてみました。日本からの深夜便の便数も増えています。

これから、早朝にバンコクに到着する方も増えるでしょう。いろいろな時間の過ごし方があると思います。せっかくなので、有意義に過ごしたいところです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年版 バンコクで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 10選【アジアの歩き方】 この記事を読んでみる

タイで英語は通じるのか!? 2017年 気になることばの問題について考えてみた この記事を読んでみる