バンコクの路線バスの乗り方は!? 激安な庶民の足 意外に便利なので利用方法を解説します!!!

路線バス に乗ったことはありますか? バンコクでは、基本的には電車やタクシーを利用すると思います。しかし、日本でもそうですが、乗り方を覚えると実は路線バスはとても便利です。

日本人観光客はバスに乗ることはあまりないかもしれませんが、今回は、タイ・バンコクの路線バスの乗り方について、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコクのタクシー事情 タクシーを選んで乗ろう、運賃や乗り方、注意点は!? この記事を読んでみる

バンコクの路線バスの乗り方は!? 激安な庶民の足 意外に便利なので利用方法を解説します!!!

バンコクの路線バス

 路線バス

タイでは路線バスは庶民の足を支える交通手段として、広く利用されています。日本人観光客はさすがに路線バスを利用することはほとんどないかもしれません。

しかし、一度乗り方がわかれば意外にも便利です。特にバンコクでは、BTSの駅から少し離れた場所に行きたい時などにも便利でしょう。

そして、なんといっても運賃が激安です。10バーツ以下から20バーツほどで移動することができます。ちなみに、エアコン付きか無しかで、運賃が変わります。

当然エアコン付きの方が運賃が高いということになります。それでは実際にこの路線バスの乗り方について解説してみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バイクタクシー タイ・バンコクで便利だけど少し危険!? バイタクの乗り方や料金は? この記事を読んでみる

バスの行き先を知ろう

 路線バス

全てのバスに番号が付いています。例えば写真のように4番のバスであればファランポーンからサラデーンを通るバスといった感じです。

この番号を覚えてしまうととても便利です。バス停によっては、写真のような行先が一覧になっています。一昔前はこのような便利な表示はなかったと思います。

よって、私もなんとなく雰囲気で乗ってみて、全然違うところに着いてしまったなんて経験も何度かあります。

最近ではアプリなどでも調べることができるようですが、事前に行きたいところを通るバスの番号を把握しておくと便利でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トゥクトゥク詐欺!? バンコクでトゥクトゥクに連れて行かれるお店はぼったくりなのか検証してみた この記事を読んでみる

路線バス に乗ろう!!!

 路線バス

街中にこのようなバスストップ(バス停)があります。地元のタイの人びとの生活の一部になっているので、バス停にはいつも地元の人が並んでいます。

まずはじめに、近づいてくるバスの番号を確認しましょう。これによって自分の乗りたいバスかどうかをあらかじめ把握します。

 路線バス

そして、向かってくるバスが自分の乗りたい番号だった場合、バスに向かって手を前に出しましょう。バンコクでは、乗客が乗りたいとアクションを起こさないとバスは止まりません。

もちろん降りる人がいる場合には止まります。これが日本のバスとの大きな違いです。タイではタクシーを止める要領で、バスにアピールします。

そうするとバスが止まるので、乗り込みましょう。ちなみに、路線バスには前と後ろに2つドアがありますが、これはどちらから乗っても構いませんので、すいている方でいいでしょう。

乗り込んだら席に座りましょう。また、混んでいる場合には手すりにつかまります。ここで、注意点ですが、妊婦さんや体の不自由な人がいたら席を譲るのは当然です。

加えて、タイの特殊な点として、公共の交通機関などではお坊さんに席を譲るのがルールです。お坊さんを見かけたら席を譲りましょう。

また、タイのお坊さんは女性との触れ合いを固く禁止されています。女性はお坊さんには触れないように注意しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる

運賃を払いましょう!!!

バスの中に乗車料金を回収するスタッフが乗っています。バスに乗り込むと運賃の回収に来るので、運賃を払いましょう。

乗車料金がわからなくても、目的地を伝えれば○○バーツといった感じで教えてくれます。あとはそれを支払うだけです。

もちろんお釣りをもらえますが、バスの料金はたいてい10バーツちょっとなので、お釣りが出ないように小銭を用意しておくようにしましょう。

運賃を支払うと領収書のようなものがもらえます。降車まで念のため持っておくようにしましょう。

注意点としては、バスでは英語はほとんど通じません。しかし、目的地の地名さえわかれば、それほど気にする必要はないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

X ONE(エックスワン)バンコクで最高のレート!? 噂のタイバーツ両替所に行ってみた この記事を読んでみる

目的地が来たら降りよう!!!

目的地が近づいてきたら、車内にあるブザーを鳴らし、降りるだけです。しかし、ここでも注意点ですが、基本的に日本のような車内アナウンスはありません。

また、ぼーっとしているとあっという間に目的地を通過してしまうので、自分が降りたい場所の目標物を見たら、すぐにブザーを鳴らし、付近のバス停で下車しましょう。

乗り降りに関しても、タイのバスは乗客にあまり優しくありません。バス停が近づいてきたら、ドアの近くに移動、降りる準備をした方がいいかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコク旅行3泊4日 日本円でいくら持っていけば良いの?そんな疑問について考えてみました この記事を読んでみる

路線バスの便利な点は?

路線バスの便利な点としては、運賃が激安というところです。また、目的地によっては、本当に近くまで行くことができます。

バンコク都内では目的に行くのに、BTSやMRTを乗り換えて、ぐるっと周るなんてこともあります。これらはとても不便です。そういう意味で路線バスが便利なケースもあります。

また、トゥクトゥクやタクシーのようにぼったくりにあうことはありません。あくまで明瞭会計です。これも安心です。

タクシーで女性が事件に巻き込まれるなんてこともあります。その点バスは多くの人が乗っていますので、安全です。

私個人の感想ですが、地元のローカルな街の景色を見て、その雰囲気を感じながらバスに揺られるというのは、とても楽しいと思います。これも旅の醍醐味でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金・ゴールドを買う タイ・バンコクのヤワラート(中華街)金投資はタイ人に大人気!? この記事を読んでみる

路線バスの不便なところは?

バンコクの交通渋滞は世界でも有名です。時間帯によっては、極端な話、歩いた方が早い時もあります。これには注意が必要です。

また、バス停で待っていても、乗りたい番後のバスが全然来ないなんてこともあります。そういう意味ではBTSの方が確実に時間には正確です。

あくまで、地元ローカルな公共交通機関なので、不便な点もあります。このような注意点を理解しつつ、利用してみてもいいかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

BTS(スカイトレイン)が便利 交通渋滞の激しいバンコクでは電車を利用しよう この記事を読んでみる

日本のバスが現役で活躍中!!!

写真のように日本では、見かけなくなった日本車の古いバスが現役で活躍しています。これらはタイ国内のいたるところで見かけます。

時には今にも朽ち果てそうなサビたバスも現役で走っています。反面、どんどん新しいものを作って、古いものを捨てていく日本の文化はちょっと寂しい気もします。

しかし、いかに古くなっても、立派に走っているこのようなバスを見ると日本の技術はすごいものだなと改めて感じることができるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスチャライズ牛乳!? タイ・バンコクでおいしすぎる日本のmeiji牛乳シリーズ この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)もおすすめ

アジアのホテル予約では、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)もおすすめです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

今回は、バンコクの路線バスについて、記事にしてみました。タイを訪れる人は、是非路線バスにチャレンジしてみてください。そこには新しい発見があるかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの消費税 VAT(付加価値税)の還付方法は? 高額な買い物では必ず手続きをしよう この記事を読んでみる

2018年 タイ旅行で絶対失敗しないおいしいレストラン 5つの見分け方・選び方【永久保存版】 この記事を読んでみる