ソンクラーン(水かけ祭り)タイ 2018年は4月12日〜16日 電子機器の水濡れ!?注意点は?

ソンクラーン(水かけ祭り)が近づいてきました。2018年は、4月12日〜16日と例年とはスケジュールが異なっています。

世界中から観光客が集まる有名なお祭りです。ということで、今回は、ソンクラーンに参加する上での楽しみ方や、注意点について、記事にしてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

レディボーイによる事件が多発!? タイのニューハーフに注意が必要かもしれない この記事を読んでみる

ソンクラーン(水かけ祭り)タイ 2018年は4月12日〜16日 電子機器の水濡れ!?注意点は?

ソンクラーン(水かけ祭り)とは?

 ソンクラーン

ソンクラーンは、タイにおける旧正月です。タイの旧暦における新年にあたります。政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっています。

元来、この期間は、実家に帰省し、新年を家族で集まってお祝いしたり、仏像のお清めを行ったりする、日本の正月のようなものでした。

伝統的には、正月の意味合いが強かったのですが、近年では、グレゴリオ暦を導入したことにより、仏暦を修正され、1月1日(西暦)が元旦とされています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

禁酒日!? 2018年3月1日 タイは万仏節(マーカブーチャー)お酒類の販売は禁止です この記事を読んでみる

なぜ水をかけるお祭りになったのか?

 ソンクラーン

タイでは、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者に敬意を示すために手に水をかける風習がありました。

この風習が近年になり、若年層を中心に、単に水をかけあうという行為に派生しました。もともと祭り好きのタイ人は、どんどん過激になっていきました。

バケツに水をため、大きな水鉄砲で水をかけあうようになります。無差別に水をかけあうためバンコク都内を歩いていれば、すぐにびしょ濡れになります。

中にはトラックの荷台に大量の水を乗せ、町中の人に水をかけまわっている姿も見かけます。中には、音楽を爆音でかけ、深夜に大騒ぎしている例もあります。

バックパッカーの聖地、カオサンなどは、ソンクラーンの祭り会場に変わります。また、歓楽街も派手に騒ぐ会場になります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カオサン通り バックパッカーの聖地は米屋街だった?安宿街になったのは最近のこと!? この記事を読んでみる

ソンクラーンの注意点は?

 ソンクラーン

1. 電子機器は持ち歩かない

基本的に電子機器は持ち歩かない、もしくは、必ず専用の防水ケースに入れ保護しましょう。水に弱いので、確実に壊れます。

また、歩いているだけで、無差別に水をかけられます。バッグやスーツケースなども水かけの格好の餌食になります。濡れてはまずいものは、持ち歩かないようにしましょう。

2. 基本的に企業もお休みです

私もその昔、ソンクラーンを忘れてしまい、タイ出張を重ねてしまいました。結果、買い付けや商談が一切出来なった経験があります。

タイ人は、実家に帰省したり、家族旅行に出かけたりします。日本の正月(元旦)とほぼ同じだと考えていいでしょう。

3. ホテルが予約できない?

実際には、タイには多数のホテルがありますので、全く予約できないというほどではないと思いますが、希望のホテルが取れない可能性はあります。

もし、ソンクラーン期間中で、宿泊したいホテルがある場合は、早めの予約をおすすめします。また、料金が必然的に高くなりますので、注意しましょう。

4. ナイトライフ(歓楽街)の女の子も帰省します

ナイトライフに従事する女の子も同様に帰省します。外は水かけ祭りで賑やかなのに、お店は寂しい状況になることもあります。

ナイトライフを楽しみにタイを訪れる場合には、このソンクラーンの期間は、避けたほうが賢明でしょう。

5. 濡れてもいい格好で出歩こう

100%びしょ濡れになります。濡れてもいい格好で外に出ましょう。また、女性は透けてもいいように下に水着などを着ていると便利でしょう。

ちなみに、氷入りの冷水をかけてくるタイ人もいます。氷が飛んできて、危険なこともあります。こちらも念のため注意しましょう。

6. 僧侶や警官には水をかけてはいけません

基本的には無礼講ですが、僧侶や警官には、決して水をかけてはいけません。ルールを守って参加しましょう。

また、朝からお酒を飲んでいるため、酔っ払った若者が喧嘩をしている姿も見かけます。トラブルに巻き込まれないために注意しましょう。

飲酒運転による交通事故の多発が問題に!?

タイ警察も解決に乗り出していますが、1年で1番飲酒運転が多い1週間と言われています。過度な飲酒やドラッグが横行することもあるようです。

ハメを外した結果、交通事故の多発が問題になっています。過去には、この1週間で数百人の死亡者が出た年もありました。

旅行者は、交通事故には必ず注意しましょう。また、街中がびしょ濡れになります。滑って怪我をすることもあります。合わせて注意が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ・バンコクのタクシー事情 タクシーを選んで乗ろう、運賃や乗り方、注意点は!? この記事を読んでみる

ソンクラーンの楽しみ方は?

 ソンクラーン

まずは、武器となる水鉄砲をゲットしましょう。ソンクラーンが近づいてくると、街中で水鉄砲が販売されるようになります。100バーツ〜1,000バーツの本格的なものまで販売されています。

商業施設や市場、露天でも水鉄砲を買うことができるでしょう。防水グッズも同時に販売されています。一緒に準備しておきましょう。

このように、装備が整ったら、あとは最低限のルールを守って、水をかけあうだけです。単純に楽しめばいいでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

水であたる?氷もキケン?は嘘!?東南アジア旅行の気になる飲料水の問題について この記事を読んでみる

そうだ ソンクラーン・タイに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

私もソンクラーンに参加したいですが、お休みによって仕事が一切出来ないので、残念ながらいつも不参戦です。いつか思い切り水かけを楽しんでみたいものです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogateというオンライン旅行代理店の評判は!?格安航空券を購入しよう この記事を読んでみる

Travelgenioというオンライン旅行代理店で航空券を購入する方は注意が必要です この記事を読んでみる