トムヤムクン ต้มยำกุ้ง, Tom yum goong タイ料理の王道!!!

今朝の空芯菜に引き続き。タイ料理といえば!!!

そう!

『トムヤムクン』でしょう!

ではとりあえずトムヤムクンต้มยำกุ้ง、Tom yum goong 説明です。ちなみにもちろんタイ語はコピー&ペーストです(笑)。

私はタイ語は本当に若干は喋れるのですが、やはり文字は書けません。

そして、お料理の説明は〜。「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」はエビのこと。つまりエビの入ったトムヤムスープって事ですね!レモングラスが入った酸味がたまりません。やはり王道!!!

世界三大スープと言われるだけありますね!私も大好きです。本当に好きすぎて、タイからペーストを買って帰って、作ったりします。味は再現できないですが。雰囲気は出ます。

ちなみに写真のトクヤムクンはバンコクのアソーク駅の近くにある、行きつけのレストランのもの。安くて美味しいお店です。お店の詳細は今度、紹介させて頂きたいと思います。

このスープにご飯をつけて、日本のねこまんま的な食べ方が絶妙です。

トムヤムクンは本当に奥が深い料理。味はそのお店によって、かなり違うため、これに関しては、高級店の独自の味があったり、屋台のチープだけど美味しいお店があったり。これこそタイの風物詩!毎回楽しめます!!!

そして、バンコク市内、スクンビット通りで、駅で言うとプロムポン(Phrom Phong)から路地をしばらく進んだところにある。ちょっと高級レストランですが、最高のトムヤムクンが食べられるお店があります。現地駐在の日本の奥様がたくさんいらっしゃいました(笑)。いいな〜。

ここの情報も今度記事にしたいと思います。ここは伝統的なタイ料理のお店。正直今まで食べたタイ料理の中で一番かもしれない。いや、クラビのナカマンダのホテルの前のタイ料理店も捨て難い。こちらも近々記事にいたしますので、ぜひ行ってみてください。

では次回からは、お店のご紹介とかしてみようかな。勝手に紹介だけど。。。

それでは今日は土曜日!週末を楽しみましょう!

さようなら〜!ลาก่อน ครับ/ค่ะ!!!