バンコクのスカイトレイン・BTSの乗り方をご紹介します

交通渋滞の激しいバンコクではBTSは必須の乗り物になりました。観光客は物価が安いのでタクシーを使うことが多いかもしれません。

しかし、このBTSが非常に便利なので、ぜひご旅行の際には利用してみてください。ということで、BTSについて記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

『バンコク』タクシーを選んで乗りましょう。運賃と乗り方は? この記事を読んでみる

バンコクの便利なBTSの乗り方

BTSとは

BTSはかなり便利ですね。また、渋滞の多発するバンコクの交通事情を考えると、時間短縮と何より安く移動できます。

ちなみにBTSとはバンコク・スカイトレイン(Bangkok Skytrain)のことです。

また運営会社の「Bangkok Mass Transit System Public Company Limited.(バンコク大衆輸送システム社)」の頭文字を取ってBTS(บี.ที.เอส)ともよばれています。

現地の方もBTSって呼んでますよね。東京の山手線のバンコク版のようなものというと分かりやすいですかね。

スクンビット線とシーロム線の二つの路線があります。電車にド派手は広告がプリントされていて目立ちます。

バンコクの路線図

バンコク市内の路線図を載せておきます。これはかなり便利なので、スマホなどお持ちの方は写真に保存しておくといいと思います。

BTSの乗り方は

ということで肝心な乗り方ですが、はじめにチケットを購入します。各駅に券売機があります。

ここで1つ。券売機はお札が使えません。コインのみ使用可能です。コインがない方は、窓口で両替してもらいます。言葉がわからなくても100B札を出せばコインに両替してくれます。

窓口でも買えますが、駅名の発音がうまく伝わらなくて、間違ったりします。タイ語は発音が難しいですよね。

私もかなり以前窓口で買おうとしたら、謎に1日乗車券を買わされそうになりました(笑)。どんな発音だったのでしょうか?

券売機ではまず、行き先の料金のボタンを押します。例えば23Bの行き先ならば23を押します。

ちなみに行き先と料金は券売機の近くに一覧票が貼ってありますので、事前に確認しましょう。15B〜40Bほどで乗れます。

券売機に料金を入れたら、日本のテレホンカードのようなチケットが出てきます。それを改札口で入れると返却口から出てきます。同時にゲートが開きますので改札内に入りましょう。

まれに磁気が弱かったのか改札が開かない場合があるので、その場合は改札付近の立っているBTSのスタッフに渡すと調べてくれます。

最後に、目的地に到着したら、同じく改札にチケットを入れて終了です。

行き先と乗る方向を間違わないように

私もぼーっとして、たまに乗る方向を間違えたりします。基本的に1駅に2つの乗り場があります。行ったり来たりしてますので、どちら行きか確認し、あとは乗るだけです。

駅と駅の間隔はかなり短いです。日本のように時刻表はありません。電車は5分に1本くらいきますが、待ってる間暑いです。

そして電車の中はかなりクーラーが効いて涼しいので天国です。しかし、女性などは薄着の場合は寒いかもしれません。運行時間は確か6:00〜24:00位まで走っていたと思います。

しかし、朝と夕方はかなり混みます。ホームに溢れるくらいです。でも日本人はある意味慣れてるから問題ないかもしれません。

注意点は

 

駅のホームにいるときにスコールが降ってくると最悪です。簡単な屋根しか付いていないので、場所によってはずぶ濡れになります。

電車内は飲食禁止・喫煙禁止です。BTS内はたいへん清潔に保たれています。喫煙禁止であることはもちろんですが、飲食も禁止となっていますのでお気をつけください。トイレなどはありません。

さいごに

長期滞在の方、もしくはかなりの回数を乗るという方にはラビットカードという日本のスイカのようなチャージ式のIC乗車券も買えますので、こちらに関してはまた記事にしてみます。

BTSは本当に便利です。しかし、かなり混んでたりすると、やっぱやめようかな?なんて思いがちですが、慣れると安くて早いので、バンコクを訪れた際はぜひ利用してみてください。

ちなみに年配の方とお坊さんには席をお譲りましょうね。もちろん妊婦さんや体の不自由な方もですね。

<人気関連記事はこちらからどうぞ>

【完全版】『タイ』 バンコク 旅行の旅費は?航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました。この記事を読んでみる

Trip.com・Ctripのグループ会社を使って、2018年の航空券を実際に予約してみた この記事を読んでみる