バンコク・ドンムアン、スワナプーム空港のお土産は高い!?

旅行や出張など、タイを訪れた際に、ほとんどの方がお土産を購入されると思います。スワナプーム国際空港では、免税店含む、たくさんの方がお土産を買ってる姿を見かけます。

今回の記事は、『バンコクの空港のお土産は高い!?』です。何度も訪れている方は常識〜って思われるかもしれませんが、ぜひ読んでみてくださいね。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ドン・キホーテがついにバンコクに出店・在タイ日本人にも嬉しいニュース この記事を読んでみる

バンコクの空港、スワナプーム、ドンムアンのお土産は高い!?

空港のお土産

 土産

バンコクの空港も免税店がありますので、もちろん免税品など、お得に購入できるものもたくさんあります。

私も以前は空港のイミグレーションを通った後、お土産を買っておりました。両手に袋パンパンに買って、日本に帰っていたわけです。

しかし、ある時にバンコク市内の大きなスーパーで買い物していると、あれっ?この象のお菓子って・・・空港でいつも買うやつと一緒じゃない!?

確かにちょっとパッケージが違う気もします。ちなみに値段は・・・半額くらいです。空港料金です。よく考えればわかることですが、気づかなかったことが結構ショックでした。

もちろんお仕事やご旅行の都合などで、時間の関係などもありますが、バンコク市内やタイ滞在中にお時間のある方は、市内で探したほうが、かなりお得になります。

ものによっては、相当お得な場合もあります。あくまで参考程度です。ということで、バンコクの空港で買うと高いものをいくつかご紹介したいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スーパーリッチ(Super Rich)バンコクで1番人気のある両替所で換金しよう この記事を読んでみる

お菓子類全般

 代表的なお土産物でもあるタイの写真がパッケージのチョコやクッキーなどは、かなり高めですね。
 
市内など購入する場所次第では、半額くらいです。数量を買うと、ちょっと高級なタイ料理を余裕で食べられるくらいになります。
 
ちなみに、バンコク市内でお菓子などをご購入する場合はどこがいいのか?大体滞在先の近くにスーパーがあると思います。例えば、ロビンソンとかKマートとかいたるところにありますね。
 
わかりやすいところだとBig-Cでしょうか。いろんなところにありますが、日本人にもメジャーな場所ですと、バンコク伊勢丹の向かいに大きなBig-Cがあります。
 
最寄駅はBTSチットロムですね。私もよく行きます。ここは、中国人ががっつり買い物しているので、やはりお得に買い物ができるのでしょう。
 
あの大陸の方々はそういう意味で、ディスカウントショップやお得なものに対する嗅覚はさすがです。脱帽です。ぜひお時間ある方は行ってみてください。
 
<関連記事はこちらからどうぞ>
 

一般的はお土産物

 土産
一般的なお土産物というと、範囲が広すぎるでしょって感じかもしれませんが、本当に範囲が広いです。
 
例えば、象の置物みたいなものぬいぐるみだったり、衣料品やストールみたいなもの、ちょっとしたアクセサリーなどもですね。
 
 
写真のようなものまでです。タイのお土産で有名はワニ革のバッグなどの製品です。そして、写真を見てもわかりますが、大体ディスカウントの表示があります。
 
これは、元々の値段がかなり割高なため、実際はディスカウント後でも割高ということがほとんどのようです。
 
<関連記事はこちらからどうぞ>
 

免税店は除外

 土産
 しかし、ここで勘違いが起きやすいですが、ナショナルブランドの免税店は除外です。ブランドショップは別です。
 
これはブランドにもよりますが、日本で購入するよりかなりお得なものもあります。あまり変わらないもの、逆にタイの方が高い場合もあります。
 
高額品をご購入される場合は事前に値段をチェックする必要があります。化粧品や香水などはお得な場合が多いですね。
 
また、日本での税金が高いものタバコなどは、持ち込める本数は決まってますがお得です。ちなみに持ち込める本数は・・・。
 
1人あたり日本製たばこ200本、外国製たばこ200本”が免税の範囲です。タバコは1箱に20本入っているものがほとんどですので、免税範囲内の量は1カートン(10箱)ということになります。
 
<関連記事はこちらからどうぞ>
 

民芸品は高い!!!

 土産
タイのお土産品というのは基本的に、タイ国内で生産されるような民芸品全般ということになります。これもバンコク市内の至る所で安く買えます。
 
有名なところはMBKやチャトチャックなどのマーケットでしょうか。観光の場合は必ず行くと思いますので、忘れずにお土産を選んでおくといいですね。
 
ちなみにMBKより安く買えるところもあります。MBKの店主さんが仕入れに行くようなところもあるんです。
 
これはちょっと高度なので、また改めて記事にしたいと思います。完全にバイヤー的な仕事に近くなります。
 
<関連記事はこちらからどうぞ>
 

番外編

 土産
最後にお土産品ではありませんが、イミグレーション後にお腹が空いて、最後にご飯を食べたいですよね。
 
ちなみに、ここで食べるものや飲みものもやはりお値段が高めです。これは空港のチェックイン前に食べると若干やすいのでお得です。
 
ただ、ここまで考えると、なんでも損、得って感じで楽しくないかもしれないので、私は値段を考えずに食べてしまいます。観光地料金的な感じで仕方ないでしょう。
 
日本のスキー場のカレーみたいな(笑)。あそこで食べるからおいしいみたいなものもありますよね。これと同じような感覚です。
 

そうだ。バンコクへ行こう!!!

非常に評判が良く、安心して購入することできる、Surprice!(サプライス)でお得に航空券の予約をしましょう。

サプライスは、HISが運営しているオンライン旅行代理店、日本の会社ですから非常に信頼もできます。また、とてもリーズナブルな料金に定評があります。

航空券やホテル、レンタカー、wifi、その他保険などあらゆる旅行関係の商品を扱っています。下にリンクを貼っておきました。ぜひチェックしてみてください。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)へはこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

さいごに

空港でお土産を買うからいいんだよ、高くてもいいって方もいるかもしれません。それはそれでいいと思います。
 
しかし、市内で買えば、キャリーバッグに詰めて荷物も減らせます。お時間に余裕のある方は、バンコク市内で、スーパーや民芸品屋さんにお土産を探しに行ってはいかがでしょうか?
 
特にお土産をたくさん買う方は、その浮いたお金で、ちょっと豪華なレストランで食事ができるくらいになるかもしれませんよ。
 
<人気の関連記事はこちらからどうぞ>