2017年・世界で一番人気のある旅行先『バンコク』

アメリカ、クレジットカード会社、大手マスターカードの発表。2017年海外旅行、渡航先ランキングでタイの首都『バンコク』が2年連続で首位をキープしました。

写真はバンコクっぽい写真?バンコク名物交通渋滞です(笑)。ということで、今回の記事は世界の渡航先ランキングを記事にしたいと思います。

2017年・世界で一番人気のある旅行先『バンコク』

2017年・外国旅行滞在先ランキング

1位 バンコク(タイ)  1941万人
2位 ロンドン(英国)  1906万人
3位 パリ(フランス)  1545万人
4位 ドバイ(UAE)  1487万人
5位 シンガポール  1311万人
6位 ニューヨーク(米国)  1270万人
7位 ソウル(韓国)  1239万人
8位 クアラルンプール(マレーシア)  1128万人
9位 東京(日本)  1115万人
10位 イスタンブール(トルコ)  916万人

なんとバンコクが2年連続の1位を獲得です。

ちなみに昨年、2016年のランキングはこんな感じです。

1位 バンコク (2,147万人)
2位 ロンドン (1,988万人)
3位 パリ (1,803万人)
4位 ドバイ (1,527万人)
5位 ニューヨーク (1,275万人)
6位 シンガポール (1,211万人)
7位 クアラルンプール (1,202万人)
8位 イスタンブール (1,195万人)
9位 東京  (1,170万人)
10位 ソウル  (1,020万人)

都市のラインナップは変わっていないですね。東京より上にアジアの国、3都市(3か国)が入っていますね。あっ、ドバイも西アジアなので、アジアか。。。

バンコクは東京の約2倍ですから、相当な数ですね。

2017年のランキング5位のシンガポールもすごいですね。あれだけ狭い国なのに東京より渡航者が多いとは。

でもこれは滞在先ランキングですから、日本は東京以外に、大阪、京都、札幌などの観光都市を含めて、日本でしたら、かなりの滞在者がいるはずですね。

それにしてもバンコクはすごい観光都市だということがわかりますね。確かにバンコクは食(タイ料理)、寺院などの歴史的にも貴重(観光)、ショッピングと数多くあるホテル、物価の安さ。

そして眠らない街『バンコク』・・・ナイトライフ(笑)

ということで、次回は世界1位の観光都市バンコクの魅力について、私なりに分析して記事にしてみたいと思います。では次回もよろしくお願いいたします。

人気関連記事になります。ぜひこちらも合わせてご一読ください。

【完全版】『タイ』 バンコク 旅行の旅費は?航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました。この記事を読んでみる