アソークの名店『THONG KEE RESTAURANT』

激うまレストラン紹介です。記念すべき1軒目はアソークの名店『THONG KEE RESTAURANT』トンキーレストランです。

私が出張に行くと必ず1度はお邪魔するレストランです。昼も夜も行く時があります。ということで今回の記事はこちらのレストラン紹介になります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ホイクワン・ナイトマーケットの激安ローカル屋台で、激辛タイ料理を食べよう この記事を読んでみる

アソークの老舗レストラン『THONG KEE RESTAURANT』トンキーレストラン

トンキーレストランの場所

 トンキーレストラン

住所:308-312 Soi Sukhumvit 14 , Sukhumvit Road, Khlong Toei Subdistrict, Khlong Toei District., Bangkok, Thailand

電話番号:+66 2-229-4440

営業時間はお昼前から21時くらいまでやってると思います。場所を簡単に説明しますと、アソーク駅から徒歩1分です。

ターミナル21からスクンビット通りを挟んで反対側です。入り口の大きなレストランですので、近くに行けばすぐにわかると思います。

ちなみに私がアソーク周辺に宿泊している時は、毎日通っております。基本的には中華料理のお店のようですが、もちろんタイ料理もあります。

私は今までこちらでタイ料理以外を食べたことはありませんが、周りの方々の半数以上は中華料理を食べていると思います。

店内の様子は

 トンキーレストラン

店内はこんな感じでかなり広いと思います。お店がくの字になっているので、奥行きがあります。

席数が多いこともありますが、ここのいいところは必ず席が空いています。それってそんな名店じゃないのでは?と疑惑もあるかもしれません。

いつもほどほどに混んでいるという感じです。ガラガラに空いていると言うことではないので安心してください。味も間違いないです。

私がいつも頼むメニュー

 トンキーレストラン

私は頼むメニューがいつも一緒なので、本当は色々な料理を食べてみたいです。毎回1人で出張中ですので、やはり量が食べられないのもあり、固定メニューですね。

安定の空芯菜『パックブンファイデーン』ผักบุ้งไฟแดง とフライドライス、エビ入りです。そして、こちらも定番のスイカジュースです。

タイの定番中の定番、トムヤムクン( ต้มยำกุ้ง, Tom yum goong) です。どの料理も本当においしいです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

空芯菜 (ผักบุ้งไฟแดง)タイで必ず食べる絶品タイ料理・パックブンファイデーン この記事を読んでみる

 トンキーレストラン

そして、ここのさらにすばらしいところはその安さです。確かこの時のお会計は、400Bほどだったように思います。ということは日本円で1500円ほどでしょうか。

安いですよね・・・。日本だったらトムヤムクン一品で1500円くらいすることもありますからね。屋台で食べるのと値段が変わりません。本当にすばらしいです。

そもそもこちらのレストランはバンコクの中華街ヤワラーで屋台からスタートしたとのことで、創業は100年以上前、もっと前だったかな?かなり歴史の深いレストランです。

少し前に改装をしたようでお店も綺麗ですね。ちなみに私がこのレストランによく行くからということもあるかもしれませんが、スタッフの皆さんも愛想がいいです。

料理もかなりスピーディです。前回なんかお昼過ぎの多少空いてる時間帯に行ったからか、チャーハンが秒で出てきました。作り置き!?って疑うくらいです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トムヤムクン (ต้มยำกุ้ง)・Tom yum goong タイ料理の王道!!! この記事を読んでみる

平日は点心の食べ放題があるらしい

前々からちょっと疑問に思っていたことなのですが、私はよく平日のお昼にお店を訪れます。周りの方々が小籠包的な点心をがっつ食べてるのを結構いつも見かけていました。

気になったので、いつもいるちょっとオネエっぽいおじちゃんのスタッフに聞いてみたら。200B程度で点心の食べ放題をやっているという話をしていました。

だからお昼からがっつり食べてたのですね。納得です。私もチャレンジしてみたいのですが、なんせ1人ですので、食べ放題は無理ですね。

さいごに

スクンビット、アソーク界隈で何か食べようかな〜。という方はぜひこちら『THONG KEE RESTAURANT』トンキーレストランをお訪れてみてはいかがでしょうか?

タイ料理はもちろん、中華料理もよし、コストパフォーマンスは抜群、そして駅近と三拍子揃った名店です。今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

<人気の関連記事はこちらからどうぞ> 

ガレリア 12 スクンビット バンコク バイ コンパス ホスピタリティ この記事を読んでみる

【再訪】アソークの名店『THONG KEE RESTAURANT』に行ってきました この記事を読んでみる